#学生
#助手
#卒業生
#教員
#研究生
#複合芸術
#漫画
#アニメーション
#写真
#鍛金
#刺繍
#パフォーマンス
#木像
#彫刻
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#ガラス
#デッサン
#金属
#テキスタイル
#陶芸
#建築
#キュレーション
#キャラクターデザイン
#大学祭
#入学式
#卒業式
#卒業・修了展
#個展
#二人展
#学生展示
#課題展
#グループ展
#専攻展
キュレーター
#入賞作品
#受賞作品
#ノミネート作品
#入選作品
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#表彰
#退任記念作品展
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#秋田市民俗芸能伝承館
#赤れんが郷土館
#ココラボラトリー
#秋田拠点センターアルヴェ
#旧松倉家住宅
#あきた芸術劇場ミルハス
#オルタナス
#ガラス工房
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#連携協定
#仙北市
#大館市
#高大連携
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#秋田市
#地域活性化
#大仙市
#能代市
#秋田県
#秋田空港
#他大学連携
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#体験授業
#粘菌
#美大附
#オープンキャンパス
#オンラインイベント
#こどもアートLab
#ORAe
#AKIBI ARTs MARKET
#あわいをたどる旅
#北高跡地
#10周年記念
#道祖神
#卒業生シリーズ
#ワークショップ
#国際交流
#特別講義
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#秋田ノーザンブレッツ
#アーツ&ルーツ専攻
#あきた芸術劇場ミルハス
#高大連携
#大仙市
#ORAe
#学生展示
#研究生
#表彰
#コミュニケーションデザイン専攻
#小牟禮尊人
#専攻展
#ヴェネチアビエンナーレ
#鍛金
#にかほ市
#卒業生シリーズ
#秋田拠点センターアルヴェ
#文化創造館
#ワークショップ
#AKIBI ARTs MARKET
#美術教育センター
#漆
#大学祭
#アラヤニノ
#秋田県
#映像作品
#オンラインイベント
#キャリアセンター
#オルタナス
#ものづくりデザイン専攻
#ガラス工房
#能代市
#日本画
#グッドデザイン賞
#刺繍
#連携協定
#近代美術館
#秋田空港
#複合芸術
#国際交流
#課題展
#あわいをたどる旅
#教員
#アラヤイチノ
#旅する地域考
#グループ展
#オープンキャンパス
#金属
#体験授業
#デッサン
#こどもアートLab
#粘菌
#国際交流センター
#赤れんが郷土館
#サテライトセンター
#美術学部
#景観デザイン専攻
#卒業生
#文化庁事業
#キャラクターデザイン
#美大附
#キュレーション
#CNA
#漫画
#写真
#パッケージデザイン
#KATTE
#秋田市
#JR秋田
#受賞作品
#ココラボラトリー
#紙
#個展
#アトリオン
#大学院
#アーツセンターあきた
#KAMIKOANIプロジェクト
#VOCA展
#彫刻
#銀線細工
#仙北市
#木像
#絵画
#ガラス
#藤浩志
#建築
#基礎教育センター
#インスタレーション
#旧松倉家住宅
#助手
#10周年記念
#パフォーマンス
#秋田市民俗芸能伝承館
#卒業・修了展
#入選作品
#他大学連携
#二人展
#入学式
#入賞作品
#ビヨンポイント
#ビジュアルアーツ専攻
キュレーター
#アトリエももさだ
#大館市
#道祖神
#退任記念作品展
#アニメーション
#湯沢市
#テキスタイル
#にぎわい交流館AU
#大森山アートプロジェクト
#千秋美術館
#特別講義
#北高跡地
#ノミネート作品
#卒業式
#地域活性化
#陶芸
#県立美術館
#学生

〈連載〉学生広報

2023.2.20

インタビューVol.6

「唐澤太輔准教授と粘菌研究クラブ」

粘菌研究クラブの未来

H:来年扱いたいテーマなどはありますか?
K:今年度は触覚というものに着目していました。今興味があるのは生物の細胞内に見られる原形質流動というものです。植物や動物だけでなく粘菌にも見られる。
原形質流動の仕組みと人間の筋肉の動きの仕組みというのが大変類似しているらしくて。生物にとって非常に基幹的な動きなんじゃないかと。それを深めていきたい。けれど僕たち人間は普段原形質流動を意識しないじゃないですか。それを意識しながら、あるいは粘菌の変形体の動きを意識しながらダンスとかやったら面白いんじゃないかと思っています。
K:今年度はなかなか良いスタートが切れそうです。4月16日から「はじまりの美術館」での展示がオープンしますし。原形質流動のようにリズムにのって次々と活動していきたいですね。

H:ありがとうございました。

粘菌研究クラブは、2022年4月16日より福島県猪苗代町「はじまりの美術館」で行われる企画展「日常をととのえる」に出展します。今回、その準備の過程を少しだけ覗いてみました。制作参加した粘菌研究クラブのメンバーの方々がお話を聞かせてくれました。

 


↑制作をする粘菌研究クラブのメンバー

H:今回はどんな作品を作るんですか?

毛糸のポンポンを無数に作って、バランスボールを覆っていきます。

H:ちょっと想像がつきませんが……。どれくらいのポンポンを作る予定ですか?

-1000個くらい……?ちょっと付けてみないとわからないですね。手が四本くらいあったら楽なんですけど。


↑ジクホコリを模した毛糸の作品。とても完成度が高い。

H:あれはなんですか?

-あれはジクホコリです。あれもポンポンで作ってます。

H:あれをつくるのもかなり大変そうですが。

-大変ですね。二人がかりで一日かかります。


「見てください、ルリホコリ色のネイル」と言って爪を見せられる。たしかにそっくり。


唐澤先生が作った特大のポンポン。「調子に乗って大きくしすぎちゃったよ」

終わりの見えない大変な作業ですが、粘菌研究クラブの面々は和気藹々とした雰囲気で制作をおこなっていました。粘菌研究クラブが参加する企画展「日常をととのえる」は福島県猪苗代町「はじまりの美術館」にて2022年4月16日から開催です。(※展覧会は7月3日で終了しました。)