2021.1.29

Project

本学学生がクラフトビール・ハードサイダーのラベルデザインを制作

本学コミュニケーションデザイン専攻3年の中村紗弥香さんが、日本屈指のホップの栽培地横手市にて、持続可能なホップの産地づくりとホップを通じた地域活性を目指す「よこてホッププロジェクト」より依頼を受け、横手産ホップを使用したクラフトビールとハードサイダーのラベルデザインを制作しました。

横手産ホップシリーズ第2弾

本商品は、2020年7月に販売しご好評いただいた第1弾に続き、「横手産ホップシリーズ」の第2弾として、秋田県内のクラフトブルワリーである株式会社あくら 秋田あくらビールより「横手産ホップを使った黒ビール」、株式会社 羽後麦酒より「ベルジャンホワイト」、「紅の夢ホップサイダー」が2月1日(月)に発売となります。

ラベルは、本商品を使用した華やかな香りが楽しめる横手産ホップ「IBUKI」と各商品の特徴を表現しデザインされています。秋田県内NewDaysや秋田駅ビルトピコの一部店舗などで販売予定です。見かけた方は、ぜひお手にとってお試しください。

 

「横手産ホップシリーズ」第2弾(2020冬)】
発売日:2021年2月1日(月)
参画ブルワリー:株式会社あくら 秋田あくらビール、株式会社 羽後麦酒
ラベルデザイン:中村紗弥香(コミュニケーションデザイン専攻3年)
担当教員:今中隆介(ものづくりデザイン専攻教授)、水田圭(コミュニケーションデザイン専攻准教授)
主催:よこてホッププロジェクト(大雄ホップ農業協同組合・YOKOTE HOPPERS・キリングループ・横手市)
参照:よこてホッププロジェクト、 NPO法人アーツセンターあきた