#個展
#二人展
#学生展示
#課題展
#グループ展
#専攻展
キュレーター
#入賞作品
#受賞作品
#ノミネート作品
#入選作品
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#表彰
#退任記念作品展
#学生
#助手
#卒業生
#教員
#研究生
#刺繍
#パフォーマンス
#木像
#彫刻
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#ガラス
#デッサン
#金属
#テキスタイル
#陶芸
#建築
#キュレーション
#キャラクターデザイン
#複合芸術
#漫画
#アニメーション
#写真
#鍛金
#大学祭
#入学式
#卒業式
#卒業・修了展
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#旧松倉家住宅
#あきた芸術劇場ミルハス
#オルタナス
#ガラス工房
#秋田市民俗芸能伝承館
#赤れんが郷土館
#ココラボラトリー
#秋田拠点センターアルヴェ
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#秋田市
#地域活性化
#大仙市
#能代市
#秋田県
#秋田空港
#他大学連携
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#連携協定
#仙北市
#大館市
#高大連携
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#オンラインイベント
#こどもアートLab
#ORAe
#AKIBI ARTs MARKET
#あわいをたどる旅
#北高跡地
#10周年記念
#道祖神
#卒業生シリーズ
#ワークショップ
#国際交流
#特別講義
#体験授業
#粘菌
#美大附
#オープンキャンパス
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#秋田市民俗芸能伝承館
#ガラス工房
#入賞作品
#国際交流センター
#特別講義
#旧松倉家住宅
#日本画
#テキスタイル
#アニメーション
#AKIBI ARTs MARKET
#体験授業
#紙
#アラヤイチノ
#あわいをたどる旅
#10周年記念
#退任記念作品展
#彫刻
#千秋美術館
#美術教育センター
#サテライトセンター
#ビジュアルアーツ専攻
#道祖神
#ヴェネチアビエンナーレ
キュレーター
#秋田拠点センターアルヴェ
#漆
#オンラインイベント
#JR秋田
#こどもアートLab
#ものづくりデザイン専攻
#秋田市
#アトリエももさだ
#他大学連携
#ORAe
#キュレーション
#連携協定
#キャラクターデザイン
#にぎわい交流館AU
#卒業・修了展
#陶芸
#写真
#美大附
#CNA
#銀線細工
#インスタレーション
#専攻展
#表彰
#コミュニケーションデザイン専攻
#刺繍
#学生
#グッドデザイン賞
#藤浩志
#国際交流
#パフォーマンス
#文化創造館
#秋田県
#ビヨンポイント
#VOCA展
#秋田ノーザンブレッツ
#基礎教育センター
#入選作品
#研究生
#能代市
#入学式
#あきた芸術劇場ミルハス
#湯沢市
#個展
#オープンキャンパス
#木像
#学生展示
#北高跡地
#キャリアセンター
#デッサン
#大学祭
#粘菌
#にかほ市
#文化庁事業
#卒業生シリーズ
#地域活性化
#近代美術館
#受賞作品
#パッケージデザイン
#漫画
#金属
#景観デザイン専攻
#大学院
#秋田空港
#高大連携
#卒業式
#卒業生
#赤れんが郷土館
#ワークショップ
#複合芸術
#二人展
#大館市
#アラヤニノ
#ココラボラトリー
#アトリオン
#アーツセンターあきた
#大仙市
#旅する地域考
#建築
#県立美術館
#助手
#アーツ&ルーツ専攻
#KAMIKOANIプロジェクト
#映像作品
#ノミネート作品
#仙北市
#絵画
#教員
#課題展
#グループ展
#大森山アートプロジェクト
#小牟禮尊人
#鍛金
#KATTE
#オルタナス
#美術学部
#ガラス

2021.12.6

ProjectLecture

AUA×AIU連携セミナー「Gender Talk(ジェンダー・トーク)」を開催しました

ジェンダーに関する意識や関心が高まる中、秋田公立美術大学と国際教養大学の教員を講師に迎え、「Why do we need to know about gender?(なぜジェンダーについて学ぶのか)」を捉え直すとともに、アート領域の視点を重ねて広く社会を考察することを目的として、 12月2日(木)にAUA×AIU連携セミナー「Gender Talk(ジェンダー・トーク)」を開催しました。

オンラインで行われた今回のセミナーのホスト役は、秋田公立美術大学副学長の岩井成昭先生(美術学部ビジュアルアーツ専攻教授)が務め、また、当日は両大学の学生のほか教職員も多く参加するなど(全体で78名が参加)、Zoom越しにも参加者の熱気が感じられました。

国際教養大学の千葉加恵子先生(国際教養学部グローバル・コネクティビティ領域准教授)のレクチャーでは、「How do we think Diversity in AIU」をテーマとして、社会におけるジェンダー意識に関する最近の動向のほか、国際教養大学における活動事例、未来に向けた可能性や提言がありました。

続いて、秋田公立美術大学の曽根博美先生(美術学部ビジュアルアーツ専攻教授)のレクチャーでは、今回のメインテーマでもある「Why do we need to know about gender?」について、心理学的視点から多文化に関する感受性の重要さが語られ、また、「At the Edge: Art around Gender (1990’s to the Present)」として、90年代から現在に至るまでの、ジェンダーをめぐるアーティストの取組事例が紹介されました。

その後のディスカッションや参加学生からの質疑応答では、所属する大学や学生、教員、職員の垣根を越えた、研修や授業とも異なるフラットな学びの機会を得ることができました。
両大学では、より多くの方々が自由に語り合える社会の実現を目指して、今後も連携プログラムを展開してまいります。