2020.1.14

特別講義および「オクトーバー・スクール報告会」開催(1/16)

「オクトーバー・スクール」(October School)とは、「パブリックアート」を巡る美術教育の実験場として、メキシコやインド、スイス、南アフリカ等の世界各国の美術系大学の学生たちが一堂に会し、数週間に渡って議論を交わすワークショップであれ、本学は昨年度から参加しています。社会実践に関わる様々なレクチャーや専門家による市内ツアーやフィールドワークを実施し、生まれ育った文化も人種も違う学生たちが、世界情勢に沿った作品(プロジェクト)プランを発表し合います。

この度、「オクトーバー・スクール」の創立者の一人である芸術家・キュレーターのシャルミラ・サマント氏をお迎えし、社会的に無視されたコミュニティや社会運動家と協働しながら、グローバル化やアイデンティティ、消費者主義等の課題を中心とした今まで、そしてこれからのプロジェクトについてお話しいただきます。

また、2019年10月~11月にメキシコ市にて開催された「オクトーバー・スクール」に本学から参加した3名が、「脱植民地化の方法」をテーマとして、メキシコや中南米のスペイン植民地化が現在継承している文化的・環境的問題について、レクチャー等を通じて考察した内容等を報告します。

興味のある方はぜひ参加してください。

 

日 時:令和2年1月16日(木)18:00~
日 時:第1部:サマント氏による特別講義
日 時:第2部:「オクトーバー・スクール」報告会
場 所:秋田公立美術大学 大講義室(講義棟A 2F)
登壇者:シャルミラ・サマント(シヴ・ナダール大学美術・舞台芸術学部准教授)
登壇者:服部浩之(秋田公立美術大学大学院複合芸術研究科准教授)
登壇者:原万希子(国際交流ディレクション・アドバイザー)
登壇者:今村安里(アーツ&ルーツ専攻4年)
対 象:本学学生、教職員、一般市民(入場無料・予約不要・先着順)

主催・問合せ先: 国際交流センター(TEL:018-888-8478 メール:kokusai@akibi.ac.jp)

オクトーバー・スクール報告会