#学生展示
#課題展
#グループ展
#専攻展
キュレーター
#個展
#二人展
#ノミネート作品
#入選作品
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#表彰
#退任記念作品展
#入賞作品
#受賞作品
#卒業生
#教員
#研究生
#学生
#助手
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#ガラス
#デッサン
#金属
#テキスタイル
#陶芸
#建築
#キュレーション
#キャラクターデザイン
#複合芸術
#漫画
#アニメーション
#写真
#鍛金
#刺繍
#パフォーマンス
#木像
#彫刻
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#卒業式
#卒業・修了展
#大学祭
#入学式
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#オルタナス
#ガラス工房
#秋田市民俗芸能伝承館
#赤れんが郷土館
#ココラボラトリー
#秋田拠点センターアルヴェ
#旧松倉家住宅
#あきた芸術劇場ミルハス
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#秋田県
#秋田空港
#他大学連携
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#連携協定
#仙北市
#大館市
#高大連携
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#秋田市
#地域活性化
#大仙市
#能代市
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#10周年記念
#道祖神
#卒業生シリーズ
#ワークショップ
#国際交流
#特別講義
#体験授業
#粘菌
#美大附
#オープンキャンパス
#オンラインイベント
#こどもアートLab
#ORAe
#AKIBI ARTs MARKET
#あわいをたどる旅
#北高跡地
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#アニメーション
#アーツセンターあきた
#卒業生
#ヴェネチアビエンナーレ
#個展
#テキスタイル
#ノミネート作品
#秋田県
#入賞作品
#10周年記念
#キュレーション
#銀線細工
#インスタレーション
#ワークショップ
#旧松倉家住宅
#体験授業
#ビジュアルアーツ専攻
#地域活性化
#入選作品
#ものづくりデザイン専攻
#アトリオン
#道祖神
#オルタナス
#ガラス工房
#学生展示
#二人展
#VOCA展
#卒業・修了展
#専攻展
#CNA
#文化庁事業
#卒業式
#グッドデザイン賞
#秋田市民俗芸能伝承館
#国際交流センター
#陶芸
#絵画
#入学式
#粘菌
#旅する地域考
#複合芸術
#建築
#刺繍
#研究生
#オープンキャンパス
#受賞作品
#能代市
#オンラインイベント
#国際交流
#大森山アートプロジェクト
#アラヤイチノ
#美術学部
#パフォーマンス
#アラヤニノ
#キャラクターデザイン
#高大連携
#秋田市
#ココラボラトリー
#にぎわい交流館AU
#日本画
#映像作品
#景観デザイン専攻
#千秋美術館
#デッサン
#紙
#ビヨンポイント
#コミュニケーションデザイン専攻
#表彰
#キャリアセンター
#サテライトセンター
#湯沢市
#近代美術館
#秋田空港
#秋田ノーザンブレッツ
#秋田拠点センターアルヴェ
#ORAe
#漆
#大仙市
#大学祭
#卒業生シリーズ
#課題展
#JR秋田
#金属
#他大学連携
#木像
#学生
#アーツ&ルーツ専攻
#仙北市
#特別講義
#こどもアートLab
#漫画
#AKIBI ARTs MARKET
#退任記念作品展
#KAMIKOANIプロジェクト
#連携協定
#小牟禮尊人
#あわいをたどる旅
#にかほ市
#パッケージデザイン
#赤れんが郷土館
#助手
#藤浩志
#KATTE
#大館市
#彫刻
#アトリエももさだ
#鍛金
#ガラス
#教員
#文化創造館
#グループ展
#基礎教育センター
#県立美術館
#美術教育センター
キュレーター
#大学院
#あきた芸術劇場ミルハス
#北高跡地
#写真
#美大附

2016.7.1

「飯山由貴 ワークショップ+リサーチ プロジェクト『ありのままごと』

秋田公立美術大学ギャラリー BIYONG POINT(ビヨンポイント)では、美術家の飯山由貴による、本学学生とのワークショップと飯山による秋田でのリサーチを組み合わせた若手作家招聘プロジェクトの成果を、ワークショップのメンバーによるグループ展のかたちで公開します。

インターネットで購入したスクラップブックなどの個人的な記録や他者へのインタビューをもとに、編み物によるタペストリーや映像、歴史的資料など様々な媒体を用いたインスタレーションを発表している飯山由貴。2016年4月25日(月)から5月1日(日)にかけ、地域の空き家を活用した大学関連施設「アラヤイチノ」で断続的に開催されたワークショップでは、アートを「変なこと」を許容する口実として捉え、彼女の作品を構成する要素としても重要である、他者や家族、社会や歴史へと意識を広げるレクチャーや、自分と人やものの関係性を再検討することにつながる感覚的なアクティビティ、参加者各自が表現として内的な課題をアウトプットするためのディスカッションを実施しました。また、リサーチでは飯山の表現手法として一貫している「編む」行為と、女性の生き方を中心としたインタビューを秋田市内で行いました。

比較的年齢の近いアーティスト、学生たちとの協働によって編み上げられる本展は、ワークショップやリサーチをアリバイとして培われたものたちを展観する場です。それぞれの試みを通して、他者や社会とのつながりについてユーモアをもって問いなおす機会となれば幸いです。

アーティスト:虻川彩花、飯山由貴、石井かおり、大越円香、荻谷有花、加藤いず み、櫻井千鶴、佐々木香里、須賀亮平、中川由香、中村佳歩、西永伶央奈、平石か なた、振本聖一、真坂歩

会期:2016年5月28日(土)〜7月3日(日)9:00-18:00 *会期中無休、入場無料

会場:秋田公立美術大学ギャラリー BIYONG POINT(ビヨンポイント)秋田市八橋南 一丁目1-3 秋田ケーブルテレビ(CNA)内

企画:慶野結香

チラシ1

チラシ2