#大学祭
#入学式
#卒業式
#卒業・修了展
#個展
#二人展
#学生展示
#課題展
#グループ展
#専攻展
キュレーター
#入賞作品
#受賞作品
#ノミネート作品
#入選作品
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#表彰
#退任記念作品展
#学生
#助手
#卒業生
#教員
#研究生
#写真
#鍛金
#刺繍
#パフォーマンス
#木像
#彫刻
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#ガラス
#デッサン
#金属
#テキスタイル
#陶芸
#建築
#キュレーション
#キャラクターデザイン
#複合芸術
#漫画
#アニメーション
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#ココラボラトリー
#秋田拠点センターアルヴェ
#旧松倉家住宅
#あきた芸術劇場ミルハス
#オルタナス
#ガラス工房
#秋田市民俗芸能伝承館
#赤れんが郷土館
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#大館市
#高大連携
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#秋田市
#地域活性化
#大仙市
#能代市
#秋田県
#秋田空港
#他大学連携
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#連携協定
#仙北市
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#美大附
#オープンキャンパス
#オンラインイベント
#こどもアートLab
#ORAe
#AKIBI ARTs MARKET
#あわいをたどる旅
#北高跡地
#10周年記念
#道祖神
#卒業生シリーズ
#ワークショップ
#国際交流
#特別講義
#体験授業
#粘菌
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#文化庁事業
#テキスタイル
#美術教育センター
#映像作品
#刺繍
#体験授業
#漆
#JR秋田
#卒業生
#CNA
#表彰
#旧松倉家住宅
#国際交流
#ORAe
#能代市
#美術学部
#絵画
#オルタナス
#旅する地域考
#AKIBI ARTs MARKET
#美大附
#教員
#大仙市
#仙北市
#VOCA展
#秋田空港
#ガラス工房
#赤れんが郷土館
#インスタレーション
#アトリオン
#ビヨンポイント
#オープンキャンパス
#大学祭
#写真
#にかほ市
#オンラインイベント
#国際交流センター
#二人展
#銀線細工
#連携協定
#紙
#金属
#退任記念作品展
#ビジュアルアーツ専攻
#建築
#入賞作品
#秋田拠点センターアルヴェ
#アーツ&ルーツ専攻
#大学院
#グループ展
#陶芸
#コミュニケーションデザイン専攻
#アラヤニノ
#アニメーション
#秋田ノーザンブレッツ
#入学式
#アラヤイチノ
#藤浩志
#学生展示
#キュレーション
#高大連携
#グッドデザイン賞
#粘菌
#アーツセンターあきた
#学生
#特別講義
#鍛金
#キャラクターデザイン
#景観デザイン専攻
#ワークショップ
#卒業式
#専攻展
#ものづくりデザイン専攻
#卒業生シリーズ
#個展
#漫画
#研究生
#デッサン
#湯沢市
#秋田市
#大森山アートプロジェクト
#彫刻
#小牟禮尊人
#10周年記念
#パフォーマンス
#KATTE
#文化創造館
#助手
#道祖神
#サテライトセンター
#基礎教育センター
#キャリアセンター
#他大学連携
#受賞作品
#大館市
#近代美術館
#あわいをたどる旅
キュレーター
#入選作品
#地域活性化
#秋田県
#秋田市民俗芸能伝承館
#卒業・修了展
#県立美術館
#こどもアートLab
#あきた芸術劇場ミルハス
#にぎわい交流館AU
#ノミネート作品
#KAMIKOANIプロジェクト
#ココラボラトリー
#課題展
#日本画
#千秋美術館
#北高跡地
#アトリエももさだ
#ヴェネチアビエンナーレ
#木像
#ガラス
#複合芸術
#パッケージデザイン

2015.10.14

琳派400年記念「琳派からの道神坂雪佳と山本太郎の仕事」開催中

琳派からの道神坂雪佳と山本太郎の仕事

この屏風は私の些細な思いつきから始まりました。琳派400年とマリオ30周年の記念の年に両方をお祝いする作品が描けないかと考えたのです。琳派400年記念祭委員会さま、任天堂さま始め様々な方々のご協力により制作を出来ることになったときには夢のような気持ちでした。
下絵は今までにないというくらいに何枚も描き推敲を重ね、任天堂のデザイナーさんのお力もお借りして作り上げました。本画の制作に関しては毎日が本当に楽しくてあっという間に時間がすぎてしまいました。「もっと描きたいのにもう夜か」と思う日が何度もあったくらいです。ついつい徹夜でゲームをしてしまった子供時代を追体験してしまいました。 琳派は400年もの間人々を楽しませてきました、マリオというキャラクターは今も世界中で人々を楽しませています。この屏風も同じように人々を楽しませるものになってくれたら幸いです。

【場 所】美術館「えき」KYOTO 京都駅ビル内ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
【休館日】会期中無休
【入館料】一般:900円(700円) 高・大学生700円(500円) 小・中学生500円(300円)
※ ( )内はエムアイカード、JR西日本グループ会社カード(一部除く)をお持ちの方、前売および10名さま以上の団体料金。

主催:京都新聞
後援:琳派400年記念祭委員会
監修:河野元昭(京都美術工芸大学学長)
協力:株式会社千總、株式会社川島織物セルコン、任天堂株式会社、美術書出版株式会社 芸艸堂、細見美術館、宮崎家具、他
企画協力:imura art planning
お問合せ:TEL 075-352-1111(ジェイアール京都伊勢丹大代表)
美術館「えき」KYOTO ホームページ