キュレーター
#個展
#二人展
#学生展示
#課題展
#グループ展
#専攻展
#表彰
#退任記念作品展
#入賞作品
#受賞作品
#ノミネート作品
#入選作品
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#学生
#助手
#卒業生
#教員
#研究生
#陶芸
#建築
#キュレーション
#キャラクターデザイン
#複合芸術
#漫画
#アニメーション
#写真
#鍛金
#刺繍
#パフォーマンス
#木像
#彫刻
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#ガラス
#デッサン
#金属
#テキスタイル
#大学祭
#入学式
#卒業式
#卒業・修了展
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#オルタナス
#ガラス工房
#秋田市民俗芸能伝承館
#赤れんが郷土館
#ココラボラトリー
#秋田拠点センターアルヴェ
#旧松倉家住宅
#あきた芸術劇場ミルハス
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#連携協定
#仙北市
#大館市
#高大連携
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#秋田市
#地域活性化
#大仙市
#能代市
#秋田県
#秋田空港
#他大学連携
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#国際交流
#特別講義
#体験授業
#粘菌
#美大附
#オープンキャンパス
#オンラインイベント
#こどもアートLab
#ORAe
#AKIBI ARTs MARKET
#あわいをたどる旅
#北高跡地
#10周年記念
#道祖神
#卒業生シリーズ
#ワークショップ
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#日本画
#国際交流
#建築
#秋田県
#銀線細工
#10周年記念
#藤浩志
#アーツ&ルーツ専攻
#ORAe
#VOCA展
#ものづくりデザイン専攻
#秋田市
#刺繍
#能代市
#ガラス
#オンラインイベント
#ノミネート作品
#にぎわい交流館AU
#受賞作品
#県立美術館
#パッケージデザイン
#文化庁事業
#美術教育センター
#連携協定
#キャリアセンター
#教員
#大仙市
#アラヤニノ
#表彰
#助手
#金属
#写真
#あわいをたどる旅
#CNA
#アーツセンターあきた
#秋田市民俗芸能伝承館
#秋田拠点センターアルヴェ
キュレーター
#ヴェネチアビエンナーレ
#複合芸術
#ココラボラトリー
#文化創造館
#ビヨンポイント
#アラヤイチノ
#退任記念作品展
#鍛金
#湯沢市
#卒業生シリーズ
#アトリエももさだ
#KAMIKOANIプロジェクト
#卒業・修了展
#漫画
#にかほ市
#オルタナス
#オープンキャンパス
#赤れんが郷土館
#映像作品
#秋田空港
#他大学連携
#ガラス工房
#地域活性化
#課題展
#アニメーション
#入選作品
#サテライトセンター
#小牟禮尊人
#基礎教育センター
#漆
#グッドデザイン賞
#個展
#あきた芸術劇場ミルハス
#研究生
#卒業式
#大森山アートプロジェクト
#体験授業
#紙
#大学院
#陶芸
#デッサン
#彫刻
#AKIBI ARTs MARKET
#キュレーション
#入賞作品
#大学祭
#道祖神
#学生展示
#グループ展
#ビジュアルアーツ専攻
#パフォーマンス
#こどもアートLab
#キャラクターデザイン
#近代美術館
#大館市
#アトリオン
#特別講義
#北高跡地
#インスタレーション
#二人展
#旧松倉家住宅
#千秋美術館
#景観デザイン専攻
#木像
#美大附
#国際交流センター
#専攻展
#高大連携
#仙北市
#絵画
#コミュニケーションデザイン専攻
#ワークショップ
#JR秋田
#学生
#秋田ノーザンブレッツ
#KATTE
#卒業生
#テキスタイル
#粘菌
#旅する地域考
#入学式
#美術学部

2015.5.15

琳派四百年 古今展

「琳派四百年 古今展 ―細見コレクションと京の現代美術作家―」

 

日本の文化・芸術を創造し、発信し続けてきた京都。優れた技術と煌めく美意識とが結集する芸術都市として歴史を刻んできた。

2015年は、琳派の祖とされる本阿弥光悦が洛北の鷹峯を拝領してから400年にあたる。細見美術館では、これを機に「琳派四百年 古今展―細見コレクションと京の現代美術作家―」を開催する。

本展は、「陶」の新たな世界を追求する近藤髙広(1958年生まれ)、多義的な表現活動を行う名和晃平(1975年生まれ)、独自の「ニッポン画」を展開する山本太郎(1974年生まれ)、京都ゆかりの3人の現代美術作家の作品と、作家が選んだ琳派作品をはじめとする細見コレクションとの共演展となる。

 

主催:細見美術館 京都新聞 後援:琳派400年記念祭委員会

会期:2015年5月23日~7月12日

10:00~18:00(入館は閉館30分前まで)

※休館日は毎週月曜(祝休日の場合は開館、翌火曜休館)

料金:一般1100円、学生800円

会場:細見美術館 京都市左京区岡崎最勝寺町6-3

TEL:075-752-5555

http://www.emuseum.or.jp

http://www.emuseum.or.jp/press/img/15_03kokon_press.pdf