#個展
#二人展
#学生展示
#課題展
#グループ展
#専攻展
キュレーター
#入賞作品
#受賞作品
#ノミネート作品
#入選作品
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#表彰
#退任記念作品展
#学生
#助手
#卒業生
#教員
#研究生
#刺繍
#パフォーマンス
#木像
#彫刻
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#ガラス
#デッサン
#金属
#テキスタイル
#陶芸
#建築
#キュレーション
#キャラクターデザイン
#複合芸術
#漫画
#アニメーション
#写真
#鍛金
#大学祭
#入学式
#卒業式
#卒業・修了展
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#旧松倉家住宅
#あきた芸術劇場ミルハス
#オルタナス
#ガラス工房
#秋田市民俗芸能伝承館
#赤れんが郷土館
#ココラボラトリー
#秋田拠点センターアルヴェ
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#秋田市
#地域活性化
#大仙市
#能代市
#秋田県
#秋田空港
#他大学連携
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#連携協定
#仙北市
#大館市
#高大連携
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#オンラインイベント
#こどもアートLab
#ORAe
#AKIBI ARTs MARKET
#あわいをたどる旅
#北高跡地
#10周年記念
#道祖神
#卒業生シリーズ
#ワークショップ
#国際交流
#特別講義
#体験授業
#粘菌
#美大附
#オープンキャンパス
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#秋田県
#秋田拠点センターアルヴェ
#小牟禮尊人
#千秋美術館
#学生展示
#旧松倉家住宅
#大館市
#二人展
#県立美術館
#絵画
#ORAe
#サテライトセンター
#北高跡地
#入学式
#卒業生
#アニメーション
#秋田市
#にかほ市
#粘菌
#秋田市民俗芸能伝承館
#連携協定
#彫刻
#ガラス工房
#教員
#10周年記念
#他大学連携
#アラヤニノ
#文化創造館
#コミュニケーションデザイン専攻
#漆
#JR秋田
#オープンキャンパス
#アトリエももさだ
#体験授業
#卒業式
#能代市
#漫画
#秋田ノーザンブレッツ
#道祖神
#赤れんが郷土館
#秋田空港
#AKIBI ARTs MARKET
#鍛金
#紙
#国際交流センター
#大学祭
#近代美術館
#表彰
#ココラボラトリー
#パフォーマンス
#退任記念作品展
#高大連携
#専攻展
#テキスタイル
#ノミネート作品
#パッケージデザイン
#個展
#木像
#あわいをたどる旅
#KATTE
#オンラインイベント
#陶芸
#グッドデザイン賞
#KAMIKOANIプロジェクト
#美術学部
#卒業生シリーズ
#ビヨンポイント
#金属
#あきた芸術劇場ミルハス
#受賞作品
#CNA
#課題展
#アラヤイチノ
#アーツ&ルーツ専攻
#アーツセンターあきた
キュレーター
#入選作品
#ビジュアルアーツ専攻
#大森山アートプロジェクト
#こどもアートLab
#美大附
#刺繍
#ワークショップ
#デッサン
#キャリアセンター
#アトリオン
#研究生
#インスタレーション
#銀線細工
#卒業・修了展
#VOCA展
#美術教育センター
#にぎわい交流館AU
#日本画
#藤浩志
#特別講義
#建築
#複合芸術
#助手
#ものづくりデザイン専攻
#キュレーション
#グループ展
#仙北市
#基礎教育センター
#国際交流
#湯沢市
#景観デザイン専攻
#映像作品
#写真
#オルタナス
#入賞作品
#地域活性化
#学生
#ガラス
#キャラクターデザイン
#文化庁事業
#大仙市
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#大学院

2024.6.21

本学唐澤太輔准教授と芸術考古学者の石井匠氏による共著「南方熊楠と岡本太郎―知の極北を超えて―」(以文社)が刊行されました。

本学アーツ&ルーツ専攻/大学院複合芸術研究科の唐澤太輔准教授と芸術考古学者の石井匠氏による共著「南方熊楠と岡本太郎―知の極北を超えて―」(以文社)が2024年6月15日に出版されました。
ぜひお手にとってご覧ください。

---
時代を異にしながらも、どこか共通する魅力をたたえ、強烈に人々の心を惹きつけてやまない二人の天才、「南方熊楠」と「岡本太郎」。かたや博覧強記の博物学者として、かたや反骨の芸術家として、鮮烈な記憶を残した。日本人の可能性の限界を大きく超え出た両者の思想を交差させたとき、いかなる地平が開かれるのか。熊楠が「粘菌」に、太郎が「縄文」に見たものとは――。気鋭の南方熊楠研究者と岡本太郎研究者が送る、「熊楠×太郎」「粘菌×縄文」対話集。

著者:唐澤太輔(本学アーツ&ルーツ専攻/大学院複合芸術研究科准教授)・石井匠
単行本(ソフトカバー):296ページ
ISBN-10:4753103854
ISBN-13:978-4753103850
寸法:2×13×18.8cm

詳細は以下のURLをご覧ください。
http://www.ibunsha.co.jp/books/978-475310385-0/

問い合わせ:株式会社 以文社
Tel:03-6272-6536、e-mail:sales@ibunsha.co.jp