#グループ展
#専攻展
キュレーター
#個展
#二人展
#学生展示
#課題展
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#表彰
#退任記念作品展
#入賞作品
#受賞作品
#ノミネート作品
#入選作品
#研究生
#学生
#助手
#卒業生
#教員
#ガラス
#デッサン
#金属
#テキスタイル
#陶芸
#建築
#キュレーション
#キャラクターデザイン
#複合芸術
#漫画
#アニメーション
#写真
#鍛金
#刺繍
#パフォーマンス
#木像
#彫刻
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#大学祭
#入学式
#卒業式
#卒業・修了展
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#オルタナス
#ガラス工房
#秋田市民俗芸能伝承館
#赤れんが郷土館
#ココラボラトリー
#秋田拠点センターアルヴェ
#旧松倉家住宅
#あきた芸術劇場ミルハス
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#秋田空港
#他大学連携
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#連携協定
#仙北市
#大館市
#高大連携
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#秋田市
#地域活性化
#大仙市
#能代市
#秋田県
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#卒業生シリーズ
#ワークショップ
#国際交流
#特別講義
#体験授業
#粘菌
#美大附
#オープンキャンパス
#オンラインイベント
#こどもアートLab
#ORAe
#AKIBI ARTs MARKET
#あわいをたどる旅
#北高跡地
#10周年記念
#道祖神
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#ものづくりデザイン専攻
#アーツ&ルーツ専攻
#大森山アートプロジェクト
#小牟禮尊人
#複合芸術
#ノミネート作品
#ガラス
#にかほ市
#KATTE
#パッケージデザイン
#アトリエももさだ
#漆
#研究生
#受賞作品
#大仙市
#道祖神
#建築
#高大連携
#北高跡地
#ORAe
#専攻展
#赤れんが郷土館
#漫画
#秋田市
#秋田市民俗芸能伝承館
#大学院
#文化創造館
#連携協定
#VOCA展
#能代市
#アラヤイチノ
#ワークショップ
#アトリオン
#絵画
#木像
#粘菌
#JR秋田
#個展
#秋田県
#キャリアセンター
#ビジュアルアーツ専攻
#金属
#近代美術館
#美術教育センター
#陶芸
#ココラボラトリー
#オルタナス
#教員
#体験授業
#映像作品
#文化庁事業
#国際交流
#地域活性化
#仙北市
#退任記念作品展
#紙
#学生
#アニメーション
#オンラインイベント
#刺繍
#CNA
#湯沢市
#卒業生
#藤浩志
#鍛金
#キュレーション
#銀線細工
#他大学連携
#アラヤニノ
#KAMIKOANIプロジェクト
#課題展
#県立美術館
#入学式
#秋田拠点センターアルヴェ
#インスタレーション
#秋田空港
#卒業・修了展
#グループ展
#千秋美術館
キュレーター
#入賞作品
#コミュニケーションデザイン専攻
#卒業式
#オープンキャンパス
#日本画
#美大附
#AKIBI ARTs MARKET
#学生展示
#キャラクターデザイン
#国際交流センター
#秋田ノーザンブレッツ
#入選作品
#助手
#10周年記念
#写真
#卒業生シリーズ
#二人展
#サテライトセンター
#旧松倉家住宅
#景観デザイン専攻
#パフォーマンス
#あきた芸術劇場ミルハス
#ヴェネチアビエンナーレ
#美術学部
#グッドデザイン賞
#ビヨンポイント
#テキスタイル
#こどもアートLab
#にぎわい交流館AU
#彫刻
#旅する地域考
#特別講義
#あわいをたどる旅
#基礎教育センター
#ガラス工房
#アーツセンターあきた
#大館市
#表彰
#デッサン
#大学祭

2023.10.20

秋田公立美術大学×国際教養大学 学生交流事業「華道体験」を実施しました

本学国際交流センターでは、多様な価値観や異なる文化に触れる機会を創出し、大学間の垣根を越えた学生交流の推進を目的として、国際教養大学と学生交流事業を展開しています。

今年9月に実施した漆器の蒔絵体験では、本学を会場に本学学生と国際教養大学の留学生が、蒔絵技法を学びながら各々がデザインした酒器と箸の制作体験を通じて交流を深めました。(詳細の記事はこちら

今年2回目となる交流事業は、9月27日に国際教養大学を会場に「AIU×AUA 華道体験」を実施し、両大学合わせて13名の学生が参加しました。

学生たちは、簡単な自己紹介をした後に、講師の千葉加恵子准教授(国際教養大学グローバル・コネクティビティ領域)から、セットされた花器と草花の紹介など花生けの基本について学びました。

 

「主位・副位・客位」といった生け花の基本の用語やルールの説明の後、学生達は目の前にセットされた草花を手に取り、大きさやバランスをみながら、枝葉を切ったり広げたりして、草花の個性や特徴を引き出そうとペアとなった学生同士で話し合いながら進めていきました。

   

  

できあがったら、各自の作品を並べて鑑賞。

自分たちの生け花を前に、参加者全員と千葉先生とで記念撮影。

1時間という短い時間でしたが、各々が草花の個性や特徴を見つけ、思い思いが描く形で生け花を完成することができました。また、学生同士で生け方を確認したり、教え合いながら交流を深めていました。

体験中は、言語の壁を感じることなく、参加した学生たちは、思い思いに自身の得意な言語で会話し、多様な価値観や異なる文化を直に体験していました。