#個展
#二人展
#学生展示
#課題展
#グループ展
#専攻展
キュレーター
#入賞作品
#受賞作品
#ノミネート作品
#入選作品
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#表彰
#退任記念作品展
#学生
#助手
#卒業生
#教員
#研究生
#鍛金
#刺繍
#パフォーマンス
#木像
#彫刻
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#ガラス
#デッサン
#金属
#テキスタイル
#陶芸
#建築
#キュレーション
#キャラクターデザイン
#複合芸術
#漫画
#アニメーション
#写真
#大学祭
#入学式
#卒業式
#卒業・修了展
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#秋田拠点センターアルヴェ
#旧松倉家住宅
#あきた芸術劇場ミルハス
#オルタナス
#ガラス工房
#秋田市民俗芸能伝承館
#赤れんが郷土館
#ココラボラトリー
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#高大連携
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#秋田市
#地域活性化
#大仙市
#能代市
#秋田県
#秋田空港
#他大学連携
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#連携協定
#仙北市
#大館市
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#オープンキャンパス
#オンラインイベント
#こどもアートLab
#ORAe
#AKIBI ARTs MARKET
#あわいをたどる旅
#北高跡地
#10周年記念
#道祖神
#卒業生シリーズ
#ワークショップ
#国際交流
#特別講義
#体験授業
#粘菌
#美大附
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#粘菌
#キャラクターデザイン
#秋田県
#ガラス
#大仙市
#陶芸
#オープンキャンパス
#木像
#アーツ&ルーツ専攻
#テキスタイル
#アトリオン
#連携協定
#藤浩志
#AKIBI ARTs MARKET
#絵画
#受賞作品
#グループ展
#卒業・修了展
#秋田拠点センターアルヴェ
#ものづくりデザイン専攻
#ガラス工房
#学生展示
#大学院
#KATTE
#パフォーマンス
#文化創造館
#県立美術館
#千秋美術館
#CNA
#刺繍
#映像作品
#ワークショップ
#能代市
#地域活性化
#金属
#課題展
#アーツセンターあきた
#複合芸術
#ヴェネチアビエンナーレ
#仙北市
#小牟禮尊人
キュレーター
#教員
#二人展
#北高跡地
#ビヨンポイント
#個展
#パッケージデザイン
#美大附
#旧松倉家住宅
#国際交流センター
#キャリアセンター
#旅する地域考
#基礎教育センター
#紙
#体験授業
#デッサン
#鍛金
#あきた芸術劇場ミルハス
#湯沢市
#こどもアートLab
#日本画
#にかほ市
#赤れんが郷土館
#アニメーション
#国際交流
#オルタナス
#助手
#美術学部
#アトリエももさだ
#特別講義
#KAMIKOANIプロジェクト
#漆
#入選作品
#あわいをたどる旅
#写真
#にぎわい交流館AU
#10周年記念
#退任記念作品展
#秋田ノーザンブレッツ
#近代美術館
#大館市
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#インスタレーション
#漫画
#入賞作品
#大森山アートプロジェクト
#彫刻
#ココラボラトリー
#高大連携
#卒業生シリーズ
#JR秋田
#秋田市
#銀線細工
#コミュニケーションデザイン専攻
#卒業生
#他大学連携
#秋田空港
#キュレーション
#表彰
#美術教育センター
#道祖神
#卒業式
#大学祭
#アラヤイチノ
#景観デザイン専攻
#専攻展
#秋田市民俗芸能伝承館
#オンラインイベント
#アラヤニノ
#建築
#研究生
#ORAe
#学生
#サテライトセンター
#文化庁事業
#入学式
#ノミネート作品
#ビジュアルアーツ専攻

2022.12.26

3大学連携プロジェクト「第2回ソウゾウの森会議」を開催しました

秋田県立大学、国際教養大学および本学の連携プロジェクト「技術×教養×デザインで拓く森林資源活用による次世代に向けた価値創造共創拠点」の一環として、12月24日(土)、にぎわい交流館AUにて、第2回ソウゾウの森会議を開催しました。

ソウゾウの森会議は、自分らしい生き方を想像し、秋田という風土のなかで暮らし方と働き方を創造する人々が集う場です。秋田という固有の土地に暮らしながら、世界のどこに持っていっても普遍的に通じる意味性を持った仕事を生み出す人々が集う、森のような場をつくることを目的としています。100人の起業家精神を持った人々の生態系をつくり、そこから次の100人が自然発生するような仕掛けづくりを目指します。

今回は、本学の今中隆介教授が、「秋田の木工-次世代への循環を生み出す」をテーマに講演を行うとともに、参加者による意見交換などが行われ、大変有意義な機会となりました。

なお、「第3回ソウゾウの森会議」は、令和5年1月29日(日)を予定しており、詳細は、別途ホームページに掲載いたします。

  

<技術×教養×デザインで拓く森林資源活用による次世代に向けた価値創造共創拠点とは>
秋田県立大学の「技術力」、国際教養大学の「教養力」、秋田公立美術大学の「デザイン力」を、本県の恵まれた森林資源の多角的活用に集約し、Z世代を中心に、自治体、民間企業、3大学の学生・教員等との連携により、持続的に資源・人材・経済が循環し、民間投資を誘発する地域社会モデルを構築するもの