#個展
#二人展
#学生展示
#課題展
#グループ展
#専攻展
キュレーター
#入賞作品
#受賞作品
#ノミネート作品
#入選作品
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#表彰
#退任記念作品展
#学生
#助手
#卒業生
#教員
#研究生
#刺繍
#パフォーマンス
#木像
#彫刻
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#ガラス
#デッサン
#金属
#テキスタイル
#陶芸
#建築
#キュレーション
#キャラクターデザイン
#複合芸術
#漫画
#アニメーション
#写真
#鍛金
#大学祭
#入学式
#卒業式
#卒業・修了展
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#旧松倉家住宅
#あきた芸術劇場ミルハス
#オルタナス
#ガラス工房
#秋田市民俗芸能伝承館
#赤れんが郷土館
#ココラボラトリー
#秋田拠点センターアルヴェ
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#秋田市
#地域活性化
#大仙市
#能代市
#秋田県
#秋田空港
#他大学連携
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#連携協定
#仙北市
#大館市
#高大連携
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#オンラインイベント
#こどもアートLab
#ORAe
#AKIBI ARTs MARKET
#あわいをたどる旅
#北高跡地
#10周年記念
#道祖神
#卒業生シリーズ
#ワークショップ
#国際交流
#特別講義
#体験授業
#粘菌
#美大附
#オープンキャンパス
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#銀線細工
#にかほ市
#ビヨンポイント
#県立美術館
#能代市
#サテライトセンター
#教員
#ヴェネチアビエンナーレ
#10周年記念
#高大連携
#木像
#秋田県
#鍛金
#テキスタイル
#個展
#映像作品
#CNA
#こどもアートLab
#学生展示
#刺繍
#アトリエももさだ
#紙
キュレーター
#KAMIKOANIプロジェクト
#JR秋田
#学生
#ワークショップ
#大学祭
#表彰
#文化創造館
#卒業式
#課題展
#ガラス工房
#専攻展
#二人展
#ココラボラトリー
#秋田ノーザンブレッツ
#美術学部
#基礎教育センター
#漆
#ビジュアルアーツ専攻
#建築
#オンラインイベント
#秋田市
#秋田市民俗芸能伝承館
#秋田拠点センターアルヴェ
#仙北市
#アーツ&ルーツ専攻
#ガラス
#アラヤニノ
#漫画
#道祖神
#入賞作品
#AKIBI ARTs MARKET
#ノミネート作品
#国際交流センター
#にぎわい交流館AU
#インスタレーション
#旅する地域考
#KATTE
#景観デザイン専攻
#千秋美術館
#他大学連携
#国際交流
#北高跡地
#あきた芸術劇場ミルハス
#キャラクターデザイン
#受賞作品
#入選作品
#金属
#VOCA展
#赤れんが郷土館
#オルタナス
#複合芸術
#卒業生
#研究生
#文化庁事業
#キャリアセンター
#大館市
#彫刻
#アーツセンターあきた
#大森山アートプロジェクト
#秋田空港
#体験授業
#連携協定
#退任記念作品展
#地域活性化
#グループ展
#キュレーション
#パッケージデザイン
#デッサン
#パフォーマンス
#特別講義
#オープンキャンパス
#大学院
#日本画
#絵画
#卒業生シリーズ
#アニメーション
#小牟禮尊人
#美大附
#陶芸
#アトリオン
#旧松倉家住宅
#コミュニケーションデザイン専攻
#卒業・修了展
#あわいをたどる旅
#ものづくりデザイン専攻
#大仙市
#粘菌
#助手
#湯沢市
#グッドデザイン賞
#藤浩志
#美術教育センター
#写真
#ORAe
#アラヤイチノ
#近代美術館
#入学式

2022.10.19

日新小学校連携訪問授業「自分だけの色ワークショップ」を開催しました

 

10月17日(月)、秋田市立日新小学校の6年生(約130人)を対象として、連携訪問授業「自分だけの色ワークショップ」(講師:ものづくりデザイン専攻 柚木恵介准教授)を開催しました。
クレヨンや絵の具の色は、「赤、青、黄・・・」など決まった名称で構成されていますが、実際には中間の色調が無限に存在しており、美術では「何色」とも決められていない色まで自由に操り表現に繋げています。こうした世界観を共有することが今回のワークショップの目的です。

全て異なる色が塗られた画用紙が児童に手渡され、その色から連想するものをテーマに、自らの記憶や言葉を引き出しながら、その色を自由に表現していきます。表現することの楽しさや難しさに触れながら、画用紙に素敵なフレーズが書き込まれていきます。
似たような色から全く違ったものを連想したり、全く異なった色でも同じものを連想したり、表現も十人十色です。
友達の考えたフレーズに共感したり、驚いたりしながら、色の無限の広がりと自由に表現することに触れる機会となりました。