#グループ展
#専攻展
#個展
#二人展
#学生展示
#課題展
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#表彰
#退任記念作品展
#入賞作品
#受賞作品
#ノミネート作品
#入選作品
#研究生
#学生
#助手
#卒業生
#教員
#ガラス
#デッサン
#金属
#テキスタイル
#陶芸
#キュレーション
#複合芸術
#アニメーション
#写真
#鍛金
#刺繍
#パフォーマンス
#木像
#彫刻
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#大学祭
#入学式
#卒業式
#卒業・修了展
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#オルタナス
#ガラス工房
#秋田市民俗芸能伝承館
#赤れんが郷土館
#ココラボラトリー
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#秋田空港
#他大学連携
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#連携協定
#仙北市
#大館市
#高大連携
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#秋田市
#地域活性化
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#卒業生シリーズ
#ワークショップ
#国際交流
#特別講義
#体験授業
#粘菌
#美大附
#オープンキャンパス
#オンラインイベント
#こどもアートLab
#ORAe
#AKIBI ARTs MARKET
#あわいをたどる旅
#10周年記念
#道祖神
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#銀線細工
#特別講義
#県立美術館
#研究生
#ノミネート作品
#赤れんが郷土館
#ワークショップ
#国際交流センター
#テキスタイル
#VOCA展
#受賞作品
#鍛金
#絵画
#課題展
#専攻展
#パフォーマンス
#仙北市
#複合芸術
#卒業・修了展
#秋田空港
#漆
#近代美術館
#助手
#パッケージデザイン
#他大学連携
#10周年記念
#卒業生シリーズ
#学生展示
#アトリオン
#ORAe
#オンラインイベント
#アーツセンターあきた
#卒業式
#ヴェネチアビエンナーレ
#CNA
#AKIBI ARTs MARKET
#オープンキャンパス
#サテライトセンター
#金属
#大館市
#旅する地域考
#入選作品
#美術教育センター
#ココラボラトリー
#道祖神
#入賞作品
#地域活性化
#体験授業
#退任記念作品展
#アラヤニノ
#二人展
#インスタレーション
#キュレーション
#アラヤイチノ
#ガラス
#グループ展
#紙
#KAMIKOANIプロジェクト
#ものづくりデザイン専攻
#KATTE
#文化創造館
#刺繍
#コミュニケーションデザイン専攻
#湯沢市
#表彰
#陶芸
#ビジュアルアーツ専攻
#美大附
#秋田市
#小牟禮尊人
#粘菌
#ガラス工房
#デッサン
#こどもアートLab
#にかほ市
#アーツ&ルーツ専攻
#にぎわい交流館AU
#個展
#学生
#連携協定
#千秋美術館
#大学院
#入学式
#景観デザイン専攻
#大森山アートプロジェクト
#日本画
#映像作品
#写真
#大学祭
#文化庁事業
#彫刻
#秋田ノーザンブレッツ
#秋田市民俗芸能伝承館
#グッドデザイン賞
#ビヨンポイント
#JR秋田
#国際交流
#教員
#あわいをたどる旅
#卒業生
#キャリアセンター
#アトリエももさだ
#木像
#基礎教育センター
#オルタナス
#藤浩志
#美術学部
#アニメーション
#高大連携

2022.10.14

リンションピン大学(スウェーデン)からスタディツアーの学生と教員が本学を訪問しました

本学の交流提携校の一つである、リンショピン大学(スウェーデン)のマルムステン家具研究所のレイフ・ブルマン准教授と同大学生8名が、スタディツアーの目的地として本学を訪れ、交流を図りました。9月下旬から10月初旬にかけての日本全国12日間の行程のうち、本学滞在は9月26日、27日の2日間でしたが、新型コロナウィルス感染拡大のため延期となっていた去年の計画が、ようやく実現した形となりました。

初日、リンショピン大一行は角館を訪れ、日本の伝統建築や文化を堪能。特に、地元の伝統工芸である樺細を展示、実演している樺細工伝承館では、家具研究所の学生としての視点で熱心に観察し、関心を深める姿が印象的でした。

2日目には、学内で、ものづくりデザイン専攻の柚木准教授が講師となり開催されたワークショップに、本学の学生と共に参加しました。 “ババヘラアイス”をテーマにしたこのワークショップでは、両大学の学生が一緒に自分たちのババヘラアイスをデザインし、作成しながら、本ワークショップにおける究極の目的、 “クリエーションは言葉の壁を越える”を体現しました。

 

<角館にて> -9月26日-

角館樺細工伝承館での様子。職人の方への質問も細かい点に及んだ。

  

武家屋敷では、初めて”サムライ”の世界をほんの少しだけ体験。本学からの同行メンバーとともに武家屋敷を背に記念撮影。

     

角館から秋田市へ移動。本学キャンパスを見学しながら、ものづくりデザイン専攻の漆、木工についての説明を熱心に聞き、自ら体験してみる学生も。

  

 

<AUAにて> -9月27日-

スウェーデンと日本の国旗を入れた横断幕で歓迎。

秋田の食文化”ババヘラアイス”がワークショップのテーマに。グループに分かれて、様々なアイディアについて話し合う両大学の学生たち。

    

完成作品のプレゼンテーション。各グループごとにババヘラアイスとスウェーデンのお菓子を合体させて作品を完成さた。丸い物は花火をデザインしたもの。盛り付けの器にもこだわって作品を仕上げた。