#アニメーション
#写真
#鍛金
#刺繍
#パフォーマンス
#木像
#彫刻
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#ガラス
#デッサン
#金属
#テキスタイル
#陶芸
#建築
#キュレーション
#キャラクターデザイン
#複合芸術
#漫画
#大学祭
#入学式
#卒業式
#卒業・修了展
#個展
#二人展
#学生展示
#課題展
#グループ展
#専攻展
キュレーター
#入賞作品
#受賞作品
#ノミネート作品
#入選作品
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#表彰
#退任記念作品展
#学生
#助手
#卒業生
#教員
#研究生
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#赤れんが郷土館
#ココラボラトリー
#秋田拠点センターアルヴェ
#旧松倉家住宅
#あきた芸術劇場ミルハス
#オルタナス
#ガラス工房
#秋田市民俗芸能伝承館
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#仙北市
#大館市
#高大連携
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#秋田市
#地域活性化
#大仙市
#能代市
#秋田県
#秋田空港
#他大学連携
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#連携協定
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#粘菌
#美大附
#オープンキャンパス
#オンラインイベント
#こどもアートLab
#ORAe
#AKIBI ARTs MARKET
#あわいをたどる旅
#北高跡地
#10周年記念
#道祖神
#卒業生シリーズ
#ワークショップ
#国際交流
#特別講義
#体験授業
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#キャリアセンター
#アトリエももさだ
#紙
#仙北市
#グッドデザイン賞
#旧松倉家住宅
#刺繍
#パッケージデザイン
#入賞作品
#JR秋田
#学生展示
#オルタナス
#あわいをたどる旅
#写真
#オンラインイベント
#個展
#デッサン
#研究生
#連携協定
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#オープンキャンパス
#秋田拠点センターアルヴェ
#教員
#にぎわい交流館AU
#小牟禮尊人
#美術学部
#二人展
#課題展
#漆
#漫画
#コミュニケーションデザイン専攻
#アトリオン
#複合芸術
#サテライトセンター
#文化庁事業
#赤れんが郷土館
#大学祭
#他大学連携
#美術教育センター
キュレーター
#国際交流センター
#学生
#道祖神
#専攻展
#アラヤニノ
#鍛金
#能代市
#北高跡地
#銀線細工
#キュレーション
#大館市
#県立美術館
#地域活性化
#大仙市
#大学院
#高大連携
#入選作品
#特別講義
#アーツセンターあきた
#旅する地域考
#ガラス
#アーツ&ルーツ専攻
#入学式
#映像作品
#AKIBI ARTs MARKET
#ヴェネチアビエンナーレ
#卒業・修了展
#表彰
#文化創造館
#テキスタイル
#彫刻
#藤浩志
#こどもアートLab
#受賞作品
#退任記念作品展
#にかほ市
#ものづくりデザイン専攻
#近代美術館
#絵画
#インスタレーション
#KAMIKOANIプロジェクト
#ORAe
#国際交流
#日本画
#卒業生
#ノミネート作品
#10周年記念
#秋田県
#KATTE
#体験授業
#粘菌
#パフォーマンス
#木像
#秋田空港
#秋田市民俗芸能伝承館
#基礎教育センター
#秋田市
#ココラボラトリー
#ビヨンポイント
#キャラクターデザイン
#ワークショップ
#美大附
#助手
#卒業式
#金属
#VOCA展
#CNA
#建築
#秋田ノーザンブレッツ
#景観デザイン専攻
#卒業生シリーズ
#アラヤイチノ
#陶芸
#グループ展
#あきた芸術劇場ミルハス
#ビジュアルアーツ専攻
#アニメーション
#ガラス工房
#千秋美術館

2022.7.26

松葉駅リニューアルお披露目会が開催されました

本学では、仙北市との連携協力協定に基づき、同市の代表的観光地である田沢湖の最寄り駅として観光客をお迎えする秋田内陸縦貫鉄道(株)の松葉駅魅力度アップ事業に取り組んできました。

フィールドワークや関係機関とのミーティングを踏まえて、学生4名と担当教員(ものづくりデザイン専攻今中隆介教授、景観デザイン専攻井上宗則准教授)が駅舎のデザイン制作を行い、協力事業所(※)と共に令和4年7月9日(土)に改修工事を実施しました。

既に成立している「小さな無人駅のあるランドスケープ」を壊さずに、松葉駅にしかない固有性を駅舎の外観(グラフィックデザイン)・内観(木質化)に与えることで、「松葉駅のあるランドスケープ」へと発展させることを試みました。

7月24日(日)に、仙北市等によるお披露目会が開催され、秋田内陸縦貫鉄道(株)から感謝状の贈呈を受けました。また、学生がデザインのコンセプト説明を行ったほか、メイキング写真展も催され、今後、1か月程掲示されます。

※今回の事業では、次の事業所から多大な協力を得て実施しています。
材料供給:藤島木材工業(株)
制作協力:(有)萩原製作所

 
     駅舎に国鉄時代の駅名標を再現        8種類の県産材を使用し木質化を図った内部  

 
        完成した内部の様子             使用した木材名をレーザーで刻印

 
       夕暮れに佇む駅舎           お披露目会でのメイキング写真展の様子