2022.2.28

複合芸術会議2022レクチャー「レンマ的芸術論」開催(3/9)

本学大学院複合芸術研究科が企画する「複合芸術会議2022レクチャー」では中沢新一氏(令和3年度秋田公立美術大学客員教授)を招き、『対称性人類学』『芸術人類学』『野生の科学』『レンマ学』等の著書で一貫して探究されてきた、人類の心の普遍性に根ざした芸術と人類学の可能性についてオンラインにてレクチャーを行います。ぜひご視聴ください。
「複合芸術会議2022」の詳細は大学院のウェブサイトをご覧ください。

【複合芸術会議2022レクチャー「レンマ的芸術論」】
日  時: 令和4年3月9日(水) 14:30~16:30
視聴方法: ZOOM配信
本学関係者以外の方は、3/8(火)15:00までに、以下お申し込みフォームよりお申し込みください。土日を除く09:00~17:00の時間に、ご記載いただきましたメールアドレス宛に視聴方法をお送りいたします。
お申し込みフォーム
複合芸術会議2022「レンマ的芸術論」

【登壇者】
講師:中沢新一(思想家・人類学者)
第一部 レクチャー 聞き手:石倉敏明(人類学者・秋田公立美術大学准教授)
第二部 唐澤太輔(哲学者・秋田公立美術大学准教授)を交えた三者によるディスカッション

【中沢新一】
1950年(昭和25年)5月28日生。山梨県出身。東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。思想家・人類学者。
チベットで仏教を学び、帰国後、人類の思考全域を視野にいれた研究分野(精神の考古学)を構想・開拓。中央大学教授、多摩美術大学芸術人類学研究所所長、明治大学野生の科学研究所所長を経て、現在は千葉工業大学日本文化再生研究センター所長、京都大学こころの未来研究センター特任教授。2021年度秋田公立美術大学客員教授。

【お問い合わせ】
icta2022_aa@akibi.ac.jp