2021.7.29

大学院生4人展「滓―echo of the mine―」開催(8/8~8/17)

本学大学院複合芸術研究科修士1年4名が展覧会「滓―echo of the mine―」を開催します。本展は複合芸術演習という授業課題を通じて訪れた秋田県内のさまざまな鉱山でのリサーチを元に企画された展覧会です。会期中は対面とオンラインでの関連イベントを予定しております。ぜひご覧ください。

滓―echo of the mine―チラシ  滓―echo of the mine―チラシ裏

滓-echo of the mine―
会期:2021年8月8日(日)~8月17日(火)11:00~18:00(会期中無休)
場所:新屋NINO(〒010-1637秋田市新屋扇町84-27 JR新屋駅より約徒歩5分)
主催:秋田公立美術大学大学院複合芸術研究科
作家:岩瀬海、金田麻梨香、栗原李佳
企画:櫻井莉菜
協力:向三軒両隣
助成:令和3年度秋田市地域づくり交付金事業

[展覧会関連イベント]
1)アーティストトーク
日時:8月16日(月)13:00~14:00(事前予約不要)
場所:新屋NINO
本展出品作家である岩瀬海さん、金田麻梨香さん、栗原李佳さんの3名によるアーティストトークを開催します。

2)トークイベント「滓―echo of the mine―」(オンライン)
ゲストスピーカー:下道基行(「日本鍰造景資料館」主催)
日時:8月17日(火)19:00~21:00
開催形式:zoom(オンライン配信)
カラミをテーマにした展覧会を開催予定の下道基行さんとzoomをつかったオンライン上でのトークイベントを行います。視聴を希望する方は以下のフォームに必要事項を記入の上、お申し込みください。

滓―echo of the mine―QRコード←8月17日トークイベント申込フォーム

 

ゲストプロフィール
下道基行 Motoyuki Shitamichi
1978年岡山生まれ。2001年武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業。日本国内の戦争の遺構の現状を調査する「戦争のかたち」、など、展覧会や書籍で発表を続けている。
瀬戸内の島々のフィールドワークを行い、残された写真や記録物などを収集し、ゼロから“見える収蔵庫”を作っていく「瀬戸内「        」資料館」というプロジェクト/スペースを2019年から行っている。フィールドワークをベースに、生活のなかに埋没して忘却されかけている物語や日常的な物事を、写真やイベント、インタビューなどの手法によって編集することで視覚化する。
近年の主な展覧会・国際展に「日常のあわい」(2021年 金沢21世紀美術館/石川)、「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ」(2019年 日本館、ヴェネチア)などがある。
「直島鍰風景研究室」: https://www.instagram.com/naoshimakarami/
「日本鍰造景資料館」: https://www.instagram.com/japanslagscapearchive/
下道基行HP: http://m-shitamichi.com/

 

※今後の新型コロナウイルス感染症やその他の状況によっては、イベントを中止、または内容を変更する場合があります。本学大学院ホームページで最新情報をご確認ください。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、感染予防対策を徹底して開催します。

 

お問い合わせ:2021slag@gmail.com
秋田公立美術大学大学院複合芸術研究科HP:https://www.akibi.ac.jp/daigakuin/