#個展
#二人展
#学生展示
#課題展
#グループ展
#専攻展
キュレーター
#入賞作品
#受賞作品
#ノミネート作品
#入選作品
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#表彰
#退任記念作品展
#学生
#助手
#卒業生
#教員
#研究生
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#ガラス
#デッサン
#金属
#テキスタイル
#陶芸
#建築
#キュレーション
#キャラクターデザイン
#複合芸術
#漫画
#アニメーション
#写真
#鍛金
#刺繍
#パフォーマンス
#木像
#彫刻
#大学祭
#入学式
#卒業式
#卒業・修了展
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#オルタナス
#ガラス工房
#秋田市民俗芸能伝承館
#赤れんが郷土館
#ココラボラトリー
#秋田拠点センターアルヴェ
#旧松倉家住宅
#あきた芸術劇場ミルハス
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#大仙市
#能代市
#秋田県
#秋田空港
#他大学連携
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#連携協定
#仙北市
#大館市
#高大連携
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#秋田市
#地域活性化
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#あわいをたどる旅
#北高跡地
#10周年記念
#道祖神
#卒業生シリーズ
#ワークショップ
#国際交流
#特別講義
#体験授業
#粘菌
#美大附
#オープンキャンパス
#オンラインイベント
#こどもアートLab
#ORAe
#AKIBI ARTs MARKET
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#卒業・修了展
#あきた芸術劇場ミルハス
#景観デザイン専攻
#ノミネート作品
#国際交流センター
#アラヤニノ
#北高跡地
#湯沢市
#ORAe
#卒業生
#絵画
#こどもアートLab
#体験授業
#ものづくりデザイン専攻
#KATTE
#パッケージデザイン
#ビヨンポイント
#秋田ノーザンブレッツ
#キャラクターデザイン
#陶芸
#秋田市民俗芸能伝承館
#秋田空港
#国際交流
#複合芸術
#金属
#ガラス
#秋田拠点センターアルヴェ
#大森山アートプロジェクト
#彫刻
#インスタレーション
#日本画
#紙
#研究生
#個展
#KAMIKOANIプロジェクト
#建築
#デッサン
#キュレーション
#課題展
#刺繍
#道祖神
#キャリアセンター
#学生
#卒業式
#文化庁事業
#漆
#アトリオン
#退任記念作品展
#専攻展
#あわいをたどる旅
#ヴェネチアビエンナーレ
#鍛金
#地域活性化
#ワークショップ
#千秋美術館
#大仙市
#サテライトセンター
#連携協定
#二人展
#入選作品
#特別講義
#テキスタイル
#粘菌
#グループ展
#グッドデザイン賞
#基礎教育センター
#にかほ市
#アニメーション
#秋田市
#大学院
#小牟禮尊人
#助手
#美大附
#旧松倉家住宅
#アーツセンターあきた
#ビジュアルアーツ専攻
#仙北市
#コミュニケーションデザイン専攻
#旅する地域考
#VOCA展
#写真
#アラヤイチノ
#表彰
#美術学部
#県立美術館
#AKIBI ARTs MARKET
#秋田県
#オンラインイベント
#藤浩志
#パフォーマンス
#オルタナス
#アトリエももさだ
#卒業生シリーズ
#銀線細工
#学生展示
#ココラボラトリー
#オープンキャンパス
キュレーター
#高大連携
#教員
#能代市
#美術教育センター
#受賞作品
#漫画
#JR秋田
#文化創造館
#他大学連携
#にぎわい交流館AU
#10周年記念
#ガラス工房
#赤れんが郷土館
#入賞作品
#大学祭
#大館市
#近代美術館
#木像
#入学式
#アーツ&ルーツ専攻
#CNA
#映像作品

2021.3.24

令和2年度 卒業式・大学院修了式を執り行いました

今年度は、入場者を制限するなどの新型コロナウィルス感染症対策を講じた上で3月19日に秋田市文化会館にて令和2年度 卒業式・大学院修了式を執り行いました。

  

 

会場には卒業生それぞれがおもいおもいのファッションで現れました。また、謝辞では卒業生代表の佐々木大空さん(本学ビジュアルアーツ専攻卒業)がパフォーマンスを交えた挨拶を披露。
「人生で一度はやってみたいことがある」と前置きし、ダイナミックに式辞用紙を引き裂くと、腕やかんざし、ポケット、会場内の友人など、色々なところへ仕込ませていた謝辞を読み上げました。
この劇場型パフォーマンスに、会場は大きく沸き立ち、新たな旅立ちを彩りました。

     

自分自身と向き合い、そして芸術表現と向き合った本学での学びを糧に、卒業生のみなさんが今後大いに活躍されることを教職員一同心から願っております。
なお、当日撮影した記録映像は学内で編集し、後日保護者の皆様へご提供することとしております。