#学生展示
#課題展
#グループ展
#専攻展
キュレーター
#個展
#二人展
#ノミネート作品
#入選作品
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#表彰
#退任記念作品展
#入賞作品
#受賞作品
#卒業生
#教員
#研究生
#学生
#助手
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#ガラス
#デッサン
#金属
#テキスタイル
#陶芸
#建築
#キュレーション
#キャラクターデザイン
#複合芸術
#漫画
#アニメーション
#写真
#鍛金
#刺繍
#パフォーマンス
#木像
#彫刻
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#卒業式
#卒業・修了展
#大学祭
#入学式
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#オルタナス
#ガラス工房
#秋田市民俗芸能伝承館
#赤れんが郷土館
#ココラボラトリー
#秋田拠点センターアルヴェ
#旧松倉家住宅
#あきた芸術劇場ミルハス
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#秋田県
#秋田空港
#他大学連携
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#連携協定
#仙北市
#大館市
#高大連携
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#秋田市
#地域活性化
#大仙市
#能代市
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#10周年記念
#道祖神
#卒業生シリーズ
#ワークショップ
#国際交流
#特別講義
#体験授業
#粘菌
#美大附
#オープンキャンパス
#オンラインイベント
#こどもアートLab
#ORAe
#AKIBI ARTs MARKET
#あわいをたどる旅
#北高跡地
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#大仙市
#アトリオン
#KAMIKOANIプロジェクト
#ヴェネチアビエンナーレ
#美術学部
#キャラクターデザイン
#漆
#金属
#秋田市
#県立美術館
#専攻展
#ワークショップ
#道祖神
#アニメーション
#湯沢市
#オルタナス
#サテライトセンター
#助手
#KATTE
#藤浩志
#オンラインイベント
#銀線細工
#特別講義
#アラヤニノ
#複合芸術
#あきた芸術劇場ミルハス
#体験授業
#大森山アートプロジェクト
#日本画
#秋田県
#グッドデザイン賞
#千秋美術館
#景観デザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#アーツ&ルーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#文化庁事業
#国際交流
#インスタレーション
#アラヤイチノ
#グループ展
#鍛金
#テキスタイル
#国際交流センター
#ココラボラトリー
#地域活性化
#キャリアセンター
#教員
#退任記念作品展
#にぎわい交流館AU
#卒業式
#ORAe
#二人展
#表彰
#ガラス
#絵画
#北高跡地
#大学祭
#こどもアートLab
#ノミネート作品
#基礎教育センター
#写真
#ビヨンポイント
#学生
#キュレーション
#仙北市
#デッサン
#10周年記念
#映像作品
#アトリエももさだ
#卒業・修了展
#VOCA展
#秋田空港
#AKIBI ARTs MARKET
#パフォーマンス
#個展
#能代市
#卒業生シリーズ
#課題展
#粘菌
#JR秋田
#入学式
#他大学連携
#ビジュアルアーツ専攻
#小牟禮尊人
#漫画
#にかほ市
#CNA
#秋田ノーザンブレッツ
#紙
#オープンキャンパス
#近代美術館
#ガラス工房
#あわいをたどる旅
#高大連携
#卒業生
#大学院
#受賞作品
#木像
#連携協定
#アーツセンターあきた
#入選作品
#学生展示
#研究生
#美大附
#入賞作品
#大館市
#刺繍
#旅する地域考
#旧松倉家住宅
#陶芸
キュレーター
#秋田拠点センターアルヴェ
#建築
#秋田市民俗芸能伝承館
#彫刻
#パッケージデザイン
#赤れんが郷土館
#美術教育センター
#文化創造館

2021.3.2

知的財産研修会を学内者向けにオンラインで開催しました

令和3年3月1日、アートロー分野の第一線で活躍されている小松隼也弁護士(三村小松山縣法律事務所)を講師に迎え、知的財産研修会をオンラインで開催しました。

日米比較の視点から浮かび上がる我が国の現状分析や税制改革を通じた芸術文化活動の振興と発展、さらにはアプロプリエーションや作品のアーカイブを取り巻く課題など、日頃から学内でも話題にあがるテーマについて、丁寧に解説いただきました。研修会には、教職員から学生まで総勢40名が参加し、アート・デザイン分野における知的財産を改めて捉え直す貴重な機会となりました。

      知財研修
開催の様子