#アニメーション
#写真
#鍛金
#刺繍
#パフォーマンス
#木像
#彫刻
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#ガラス
#デッサン
#金属
#テキスタイル
#陶芸
#建築
#キュレーション
#キャラクターデザイン
#複合芸術
#漫画
#大学祭
#入学式
#卒業式
#卒業・修了展
#個展
#二人展
#学生展示
#課題展
#グループ展
#専攻展
キュレーター
#入賞作品
#受賞作品
#ノミネート作品
#入選作品
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#表彰
#退任記念作品展
#学生
#助手
#卒業生
#教員
#研究生
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#赤れんが郷土館
#ココラボラトリー
#秋田拠点センターアルヴェ
#旧松倉家住宅
#あきた芸術劇場ミルハス
#オルタナス
#ガラス工房
#秋田市民俗芸能伝承館
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#仙北市
#大館市
#高大連携
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#秋田市
#地域活性化
#大仙市
#能代市
#秋田県
#秋田空港
#他大学連携
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#連携協定
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#粘菌
#美大附
#オープンキャンパス
#オンラインイベント
#こどもアートLab
#ORAe
#AKIBI ARTs MARKET
#あわいをたどる旅
#北高跡地
#10周年記念
#道祖神
#卒業生シリーズ
#ワークショップ
#国際交流
#特別講義
#体験授業
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#ヴェネチアビエンナーレ
#県立美術館
#卒業生シリーズ
#入学式
#絵画
#表彰
#近代美術館
#にかほ市
#刺繍
#研究生
#国際交流センター
#陶芸
#ワークショップ
#国際交流
#粘菌
#キャリアセンター
#彫刻
#連携協定
#千秋美術館
#学生
#大森山アートプロジェクト
#アラヤイチノ
#文化庁事業
#映像作品
#あきた芸術劇場ミルハス
#テキスタイル
#景観デザイン専攻
#木像
#大学祭
#二人展
#特別講義
#大館市
#建築
#秋田ノーザンブレッツ
#グッドデザイン賞
#パッケージデザイン
#アーツ&ルーツ専攻
#道祖神
#入選作品
#秋田市
#文化創造館
#金属
#あわいをたどる旅
#複合芸術
#デッサン
#こどもアートLab
#オルタナス
#体験授業
#CNA
#秋田拠点センターアルヴェ
#10周年記念
#紙
#美大附
#旅する地域考
#大学院
#パフォーマンス
#KAMIKOANIプロジェクト
#学生展示
#能代市
#VOCA展
#専攻展
#秋田空港
#オープンキャンパス
#キュレーション
#銀線細工
#オンラインイベント
#漆
#ものづくりデザイン専攻
#受賞作品
#他大学連携
#個展
#インスタレーション
#アラヤニノ
#鍛金
#入賞作品
#高大連携
#美術教育センター
#湯沢市
#北高跡地
#ノミネート作品
#仙北市
#ORAe
#JR秋田
#キャラクターデザイン
#退任記念作品展
#小牟禮尊人
#ガラス工房
#AKIBI ARTs MARKET
#コミュニケーションデザイン専攻
#教員
#卒業・修了展
#にぎわい交流館AU
#秋田市民俗芸能伝承館
#サテライトセンター
#漫画
#基礎教育センター
#アトリエももさだ
#藤浩志
#写真
#卒業生
#アトリオン
#ガラス
#ビヨンポイント
#グループ展
#大仙市
#アニメーション
#助手
#アーツセンターあきた
#地域活性化
#旧松倉家住宅
キュレーター
#課題展
#KATTE
#ビジュアルアーツ専攻
#赤れんが郷土館
#秋田県
#ココラボラトリー
#日本画
#卒業式
#美術学部

2020.10.19

本学大学院助手の宮本一行氏の展覧会が開催中です

本学大学院助手の宮本一行氏の展覧会が開催中です。

宮本一行 接触の形跡
会期:2020年10月17日(土)から12月27日(日)(10:00-16:30)
会場:ギャラリー ブルーホール
住所:秋田県潟上市飯田川飯塚字飯塚34-1 小玉醸造株式会社内
電話:018-877-5772 (小玉醸造)
休館日:なし ※会期中イベントなどによる臨時休館あり
観覧料:一般300円、中高生100円、小学生以下無料
主催:NPO法人ギャラリーブルーホール

ステートメント
様々な環境下でトロンボーンによるサウンド・パフォーマンスを実践してきた美術家・現代音楽家の宮本一行氏は、音を通じて環境との対話を試みている。
本展覧会「宮本一行 接触の形跡」では、1922年に建てられた日本酒貯蔵庫を改修したギャラリー「ブルーホール」に潜在する様々な現象を引き出した光と音によるインスタレーションを展開する。
大正時代に建てられた煉瓦造りの酒蔵は、秋田杉の香りが仄かに漂い、深海を彷彿とさせる静かで広大な空間を有している。
その場に立ち上がる音響や微かに差し込む自然光を手掛かりに創造された展示空間では、作者自らが展示空間に接触した形跡を追体験することができる。

プロフィール
1987年千葉県生まれ。武蔵野美術大学大学院修士課程修了。高校在籍時、吹奏楽個人コンクールにて金管打楽器部門金賞、トロンボーン部門1位。大学では環境学と建築学を学ぶ傍ら、音を風景として捉えるサウンドスケープに興味を持つ。その後、大学院では音響と映像を用いた芸術表現を学び、国内外の芸術祭やアートプロジェクトに参加している。現在、秋田公立美術大学大学院博士後期課程にて音を主体的に捉えるための研究制作に取り組む。
https://www.kazuyuki-miyamoto.com/

宮本一行 接触の形跡