#個展
#二人展
#学生展示
#課題展
#グループ展
#専攻展
キュレーター
#入賞作品
#受賞作品
#ノミネート作品
#入選作品
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#表彰
#退任記念作品展
#学生
#助手
#卒業生
#教員
#研究生
#鍛金
#刺繍
#パフォーマンス
#木像
#彫刻
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#ガラス
#デッサン
#金属
#テキスタイル
#陶芸
#建築
#キュレーション
#キャラクターデザイン
#複合芸術
#漫画
#アニメーション
#写真
#大学祭
#入学式
#卒業式
#卒業・修了展
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#秋田拠点センターアルヴェ
#旧松倉家住宅
#あきた芸術劇場ミルハス
#オルタナス
#ガラス工房
#秋田市民俗芸能伝承館
#赤れんが郷土館
#ココラボラトリー
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#高大連携
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#秋田市
#地域活性化
#大仙市
#能代市
#秋田県
#秋田空港
#他大学連携
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#連携協定
#仙北市
#大館市
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#オープンキャンパス
#オンラインイベント
#こどもアートLab
#ORAe
#AKIBI ARTs MARKET
#あわいをたどる旅
#北高跡地
#10周年記念
#道祖神
#卒業生シリーズ
#ワークショップ
#国際交流
#特別講義
#体験授業
#粘菌
#美大附
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#パッケージデザイン
#国際交流センター
#建築
#道祖神
#キュレーション
#湯沢市
#デッサン
#ヴェネチアビエンナーレ
#国際交流
#他大学連携
#漆
#秋田市
#美術学部
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#体験授業
#ノミネート作品
#ビヨンポイント
#オンラインイベント
#藤浩志
キュレーター
#連携協定
#大学院
#インスタレーション
#景観デザイン専攻
#美大附
#助手
#文化庁事業
#学生展示
#教員
#小牟禮尊人
#テキスタイル
#秋田ノーザンブレッツ
#課題展
#漫画
#ワークショップ
#キャラクターデザイン
#紙
#秋田県
#こどもアートLab
#KATTE
#高大連携
#ビジュアルアーツ専攻
#大仙市
#入学式
#ものづくりデザイン専攻
#絵画
#アーツ&ルーツ専攻
#キャリアセンター
#秋田拠点センターアルヴェ
#コミュニケーションデザイン専攻
#千秋美術館
#陶芸
#写真
#北高跡地
#VOCA展
#AKIBI ARTs MARKET
#卒業・修了展
#研究生
#赤れんが郷土館
#刺繍
#アニメーション
#複合芸術
#彫刻
#仙北市
#地域活性化
#ガラス
#入選作品
#専攻展
#入賞作品
#JR秋田
#10周年記念
#CNA
#オープンキャンパス
#退任記念作品展
#日本画
#オルタナス
#あわいをたどる旅
#卒業生
#KAMIKOANIプロジェクト
#にぎわい交流館AU
#にかほ市
#あきた芸術劇場ミルハス
#木像
#グッドデザイン賞
#美術教育センター
#旅する地域考
#金属
#アラヤイチノ
#映像作品
#大森山アートプロジェクト
#個展
#県立美術館
#秋田市民俗芸能伝承館
#秋田空港
#基礎教育センター
#近代美術館
#ココラボラトリー
#卒業式
#グループ展
#粘菌
#アーツセンターあきた
#アラヤニノ
#アトリオン
#学生
#特別講義
#能代市
#パフォーマンス
#鍛金
#二人展
#文化創造館
#大学祭
#卒業生シリーズ
#ORAe
#旧松倉家住宅
#大館市
#受賞作品
#ガラス工房
#表彰
#銀線細工

2019.12.12

アーツ&ルーツ専攻特別講義/向三軒両隣 レクチャー「生活と制作について」のお知らせ(12/17)

 アーツ&ルーツ専攻特別講義および向三軒両隣トークシリーズ2019 Vol.08としてレクチャー「生活と制作について」を開催いたします。
 今回は、アーティストの片山真理氏をお招きし、これまでの作品や活動についてお話を伺います。片山氏は両足の脛骨欠損という主幹を成す太い骨がない病気を持って生まれ、9歳の時に両足を切断し、以来、装飾を施した義足を用いたセルフポートレートを主軸に制作を続けています。自身の身体と向き合い、写真、手芸、インスタレーションや歌など様々な手法で表現する片山氏の作品制作のルーツついて、紹介いただきます。


アーツ&ルーツ専攻特別講義
向三軒両隣トークシリーズ2019 Vol.08
「生活と制作について」

日 時:令和元年12月17日(火)18:00~19:30
会 場:秋田公立美術大学 講義室2 (秋田市新屋大川町12-3)
ゲスト:片山真理(アーティスト)


片山真理(アーティスト)
1987年、埼玉県生まれ、群馬県育ち。2012年東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修士課程修了。
先天性の四肢疾患により9歳の時に両足を切断。身体を模った手縫いのオブジェや装飾を施した義足を使用しセルフポートレートを制作。自身の輪郭をなぞれば、他者に続き、小さな暮らしから社会、世界へ、糸と針はパッチワークのように様々な境界線を縫い繋げていく。他に『ハイヒールプロジェクト』として特注の義足用ハイヒールを装着し歌手、モデル、講演など多岐に渡り活動している。主な展示に、第58回ヴェネチアビエンナーレ国際美術展「May You Live in Interesting Times」(イタリア、2019年)、六本木クロッシング2016、あいちトリエンナーレ2013などがある。


企画:秋田公立美術大学アーツ&ルーツ専攻
協力:向三軒両隣

お問い合わせ:向三軒両隣
メール:mukousangenryodonari@gmail.com
Web:https://mukousangenryodonari.cloud/?p=1159&preview=true
Facebook:https://www.facebook.com/events/559395111571332/