#専攻展
キュレーター
#個展
#二人展
#学生展示
#課題展
#グループ展
#VOCA展
#表彰
#退任記念作品展
#入賞作品
#受賞作品
#ノミネート作品
#入選作品
#グッドデザイン賞
#学生
#助手
#卒業生
#教員
#研究生
#金属
#テキスタイル
#陶芸
#建築
#キュレーション
#キャラクターデザイン
#複合芸術
#漫画
#アニメーション
#写真
#鍛金
#刺繍
#パフォーマンス
#木像
#彫刻
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#ガラス
#デッサン
#大学祭
#入学式
#卒業式
#卒業・修了展
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#オルタナス
#ガラス工房
#秋田市民俗芸能伝承館
#赤れんが郷土館
#ココラボラトリー
#秋田拠点センターアルヴェ
#旧松倉家住宅
#あきた芸術劇場ミルハス
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#他大学連携
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#連携協定
#仙北市
#大館市
#高大連携
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#秋田市
#地域活性化
#大仙市
#能代市
#秋田県
#秋田空港
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#ワークショップ
#国際交流
#特別講義
#体験授業
#粘菌
#美大附
#オープンキャンパス
#オンラインイベント
#こどもアートLab
#ORAe
#AKIBI ARTs MARKET
#あわいをたどる旅
#北高跡地
#10周年記念
#道祖神
#卒業生シリーズ
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#大学祭
#粘菌
#文化創造館
#体験授業
#美術教育センター
#仙北市
#インスタレーション
#他大学連携
#研究生
#秋田市
#秋田空港
#アラヤイチノ
#基礎教育センター
#教員
#写真
#卒業式
#大森山アートプロジェクト
#デッサン
#にぎわい交流館AU
#ワークショップ
#大仙市
#退任記念作品展
#受賞作品
#小牟禮尊人
#キャラクターデザイン
#グッドデザイン賞
#こどもアートLab
#あきた芸術劇場ミルハス
#美大附
#建築
#湯沢市
#学生展示
#キャリアセンター
#卒業生
#オンラインイベント
#鍛金
#AKIBI ARTs MARKET
#漫画
#紙
#近代美術館
#パッケージデザイン
キュレーター
#秋田県
#ビジュアルアーツ専攻
#オープンキャンパス
#ヴェネチアビエンナーレ
#卒業生シリーズ
#漆
#テキスタイル
#銀線細工
#アトリオン
#木像
#二人展
#10周年記念
#CNA
#入賞作品
#ノミネート作品
#秋田市民俗芸能伝承館
#日本画
#能代市
#アラヤニノ
#ものづくりデザイン専攻
#キュレーション
#高大連携
#アニメーション
#特別講義
#学生
#景観デザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#にかほ市
#地域活性化
#卒業・修了展
#秋田ノーザンブレッツ
#千秋美術館
#大学院
#赤れんが郷土館
#KAMIKOANIプロジェクト
#サテライトセンター
#課題展
#文化庁事業
#映像作品
#入学式
#絵画
#旅する地域考
#入選作品
#県立美術館
#金属
#アーツセンターあきた
#VOCA展
#国際交流センター
#KATTE
#旧松倉家住宅
#JR秋田
#刺繍
#個展
#パフォーマンス
#ココラボラトリー
#あわいをたどる旅
#ビヨンポイント
#陶芸
#彫刻
#大館市
#グループ展
#美術学部
#アーツ&ルーツ専攻
#助手
#連携協定
#道祖神
#アトリエももさだ
#藤浩志
#秋田拠点センターアルヴェ
#国際交流
#専攻展
#表彰
#ガラス工房
#北高跡地
#ガラス
#オルタナス
#複合芸術
#ORAe

2018.10.30

「October School」(オクトーバー・スクール)@デリー 報告会開催(11/7)

 October School(オクトーバー・スクール)は、「パブリックアート」を巡る美術教育の実験場として、インドやメキシコ、スイス、南アフリカ等の世界各国の美術系大学の学生たちが一堂に会し、数週間に渡って議論を交わすワークショップです。社会実践に関わる様々なレクチャーや専門家による市内ツアー/フィールドワークを実施し、生まれ育った文化も人種も違う学生たちが、世界情勢に沿った作品(プロジェクト)プランを発表し合います。
 今年度は、インド・デリーにて、6か国・7つの美術大学から学生33人+教員14人が参加し、現在急成長を遂げるインド社会においてのパブリックアートについて熱い議論が交わされました。本学からは今回、教員2名と大学院2年生の田中 夏鈴さんが初めて参加したことから、英語での議論やプレゼンテーションなど体験を通して得た衝撃や感動を報告します。
 他国の美術系大学でどんなことが起こっているのかを知る良い機会ですので、海外でワークショップに参加したい、留学しても英語での討論に自信がない、など興味のある方はぜひ参加してください。

日 時 平成30年11月7日(水)18:30~
    (当初10/31に開催を予定していましたが、ハロウィンパーティーと日程が重なったため変更しました)
場 所 大学院棟1F G1S
登壇者 高嶺格教授、岸健太教授、原万希子氏(国際交流ディレクション・アドバイザー)、田中夏鈴(大学院2年)
主 催 国際交流センター


※10/31(水)→11/7(水)変更しました