#グループ展
#専攻展
キュレーター
#個展
#二人展
#学生展示
#課題展
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#表彰
#退任記念作品展
#入賞作品
#受賞作品
#ノミネート作品
#入選作品
#研究生
#学生
#助手
#卒業生
#教員
#ガラス
#デッサン
#金属
#テキスタイル
#陶芸
#建築
#キュレーション
#キャラクターデザイン
#複合芸術
#漫画
#アニメーション
#写真
#鍛金
#刺繍
#パフォーマンス
#木像
#彫刻
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#大学祭
#入学式
#卒業式
#卒業・修了展
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#オルタナス
#ガラス工房
#秋田市民俗芸能伝承館
#赤れんが郷土館
#ココラボラトリー
#秋田拠点センターアルヴェ
#旧松倉家住宅
#あきた芸術劇場ミルハス
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#秋田空港
#他大学連携
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#連携協定
#仙北市
#大館市
#高大連携
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#秋田市
#地域活性化
#大仙市
#能代市
#秋田県
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#卒業生シリーズ
#ワークショップ
#国際交流
#特別講義
#体験授業
#粘菌
#美大附
#オープンキャンパス
#オンラインイベント
#こどもアートLab
#ORAe
#AKIBI ARTs MARKET
#あわいをたどる旅
#北高跡地
#10周年記念
#道祖神
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#グッドデザイン賞
#大館市
#専攻展
#建築
#基礎教育センター
#オンラインイベント
#映像作品
#インスタレーション
#銀線細工
#木像
#キャラクターデザイン
#秋田県
#KATTE
#連携協定
#文化創造館
#国際交流
#コミュニケーションデザイン専攻
#アーツセンターあきた
#秋田空港
#秋田市民俗芸能伝承館
#絵画
#あきた芸術劇場ミルハス
#個展
#美術学部
#陶芸
#アトリエももさだ
#体験授業
#金属
#ビヨンポイント
#学生展示
#漆
#受賞作品
#道祖神
#卒業生シリーズ
#北高跡地
#入賞作品
#美術教育センター
#こどもアートLab
#小牟禮尊人
#ワークショップ
#アーツ&ルーツ専攻
#ガラス
#千秋美術館
#県立美術館
#旧松倉家住宅
#文化庁事業
#研究生
#ココラボラトリー
#課題展
#景観デザイン専攻
#教員
#ものづくりデザイン専攻
#キュレーション
#助手
#オープンキャンパス
#二人展
#粘菌
#にぎわい交流館AU
#オルタナス
#地域活性化
#パッケージデザイン
#グループ展
#ノミネート作品
#紙
#日本画
#サテライトセンター
#彫刻
#旅する地域考
#高大連携
#アラヤイチノ
#能代市
#VOCA展
#近代美術館
キュレーター
#テキスタイル
#アニメーション
#CNA
#写真
#国際交流センター
#赤れんが郷土館
#ビジュアルアーツ専攻
#学生
#入選作品
#大森山アートプロジェクト
#ORAe
#漫画
#表彰
#特別講義
#退任記念作品展
#刺繍
#10周年記念
#AKIBI ARTs MARKET
#パフォーマンス
#デッサン
#入学式
#秋田市
#湯沢市
#ガラス工房
#大学院
#藤浩志
#大学祭
#あわいをたどる旅
#KAMIKOANIプロジェクト
#アラヤニノ
#秋田ノーザンブレッツ
#美大附
#秋田拠点センターアルヴェ
#鍛金
#仙北市
#大仙市
#卒業・修了展
#卒業生
#アトリオン
#複合芸術
#卒業式
#キャリアセンター
#ヴェネチアビエンナーレ
#他大学連携
#JR秋田
#にかほ市

2018.10.19

おおだいら まこ 絵画作品展「見て、見る、見ること」(11/13~18)

 本学ビジュアルアーツ専攻を平成29年度に卒業し、現在も研究生として作品制作を行っているおおだいら まこ さんによる絵画作品展が仙台で開催されます。
 展覧会という空間において、「見る」「見られる」という関係性だけでなく、それぞれの「視点」や「見たい・見てほしい」という「感情」、「見る」という行為そのものについて問いかける展示となっていますので、ぜひ足をお運びください。

 コメント
〈見る〉という言葉には様々な意味があり、視覚的な意味以外も含まれます。展覧会タイトルである「見て、見る、見ること」には、そういった視覚的な意味だけではない〈見る〉であったり、鑑賞者や作者などの異なる立場における〈視点〉、見てほしいや見てみたいという〈感情〉などの様々な意味や言葉が含まれていると考えてください。
今回の展覧会では鑑賞をしていくなかで作者の意図を感じる作品が幾つかあると思います。その気づきを通して見るという行為そのものについて少しでも考えていただければ幸いです。
http://turn-around.jp/sb/log/eid662.html

おおだいら まこ 絵画作品展
「見て、見る、見ること」

会 期 平成30年11月13日(火)~11月18日(日)
    11:00~19:30 最終日は15:00まで
会 場 Gallery TURNAROUND
    仙台市青葉区大手町6-22 久光ビル1F
    (地下鉄東西線大町西公園駅より徒歩5 分)
入場料 無料
URL http://turn-around.jp/
TEL 022-398-6413
E-mail info@turn-around.jp


『パーラル トゥ ザ ウォール』
1760×815×h1700㎜ キャンバス、アクリル