2018.9.19

体験教室「デザインの力で生物の魅力を知ろう!」の開催について(9/23)

 東北地方環境事務所が主催する体験教室「デザインの力で生物の魅力を知ろう!」に、本学ものづくりデザイン専攻の山路 康文(やまじ やすふみ)准教授が講師として参加します。
 大森山動物園と本学が連携して実施している「大森山アートプロジェクト」の一環として、生物の造形とデザインの関係や、デザインの力を活用した野生生物の保護や地域振興の取り組みについて講演や体験を実施します。また、教員と学生が協力して開発した、子どもの「科学的思考」と「創造性」を育む楽しい工作キットを用いたワークショップ「Zoo de 工作」についても紹介します。

体験教室「デザインの力で生物の魅力を知ろう!」
日 時 平成30年9月23日(日)11:00~15:30
会 場 大森山動物園ミルヴェ館(秋田市浜田字潟端154)
参加費 1,500円
申込み 大森山動物園まで、メールまたはファックスでお申込みください。
    https://www.city.akita.lg.jp/zoo/news/1008854/1016802.html
主 催 東北地方環境事務所 
共 催 秋田市大森山動物園

第1部 リレートーク (11:00~12:00)

・「園長のこぼればなし」 大森山動物園 園長 小松 守
・「デザインの力で生きものをまもる」 一般社団法人MIT島デザイナー 吉野 由起子
・対談「生物のデザイン」 秋田公立美術大学 准教授 山路 康文
             大森山動物園 園長補佐 三浦 匡哉

第2部 工作体験 (13:00~15:30)

・消しゴムはんこ教室 (講師 吉野 由起子)
 イヌワシをデザインしたはんこを消しゴムで制作します。
・クラフト教室 (講師 山路 康文)
 大森山動物園が繁殖計画を担う絶滅危惧種のニホンイヌワシの骨格や形態、生態などの特徴を模式化したキットを用いて工作ワークショップを行います。