#個展
#二人展
#学生展示
#課題展
#グループ展
#専攻展
キュレーター
#入賞作品
#受賞作品
#ノミネート作品
#入選作品
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#表彰
#退任記念作品展
#学生
#助手
#卒業生
#教員
#研究生
#彫刻
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#ガラス
#デッサン
#金属
#テキスタイル
#陶芸
#建築
#キュレーション
#キャラクターデザイン
#複合芸術
#漫画
#アニメーション
#写真
#鍛金
#刺繍
#パフォーマンス
#木像
#大学祭
#入学式
#卒業式
#卒業・修了展
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#オルタナス
#ガラス工房
#秋田市民俗芸能伝承館
#赤れんが郷土館
#ココラボラトリー
#秋田拠点センターアルヴェ
#旧松倉家住宅
#あきた芸術劇場ミルハス
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#地域活性化
#大仙市
#能代市
#秋田県
#秋田空港
#他大学連携
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#連携協定
#仙北市
#大館市
#高大連携
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#秋田市
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#AKIBI ARTs MARKET
#あわいをたどる旅
#北高跡地
#10周年記念
#道祖神
#卒業生シリーズ
#ワークショップ
#国際交流
#特別講義
#体験授業
#粘菌
#美大附
#オープンキャンパス
#オンラインイベント
#こどもアートLab
#ORAe
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#県立美術館
#大森山アートプロジェクト
#入賞作品
#学生
#ORAe
#受賞作品
#アーツセンターあきた
#グッドデザイン賞
#表彰
#アニメーション
#こどもアートLab
#CNA
#木像
#旧松倉家住宅
#にぎわい交流館AU
#漫画
#紙
#VOCA展
#10周年記念
#AKIBI ARTs MARKET
#オンラインイベント
#建築
#アトリオン
#秋田拠点センターアルヴェ
#グループ展
#ビジュアルアーツ専攻
#大学院
#入学式
#北高跡地
#旅する地域考
#秋田空港
#研究生
#ガラス工房
#あわいをたどる旅
#写真
#大館市
#日本画
#小牟禮尊人
#退任記念作品展
#秋田市
#映像作品
#ビヨンポイント
#アーツ&ルーツ専攻
#鍛金
#特別講義
#ノミネート作品
#コミュニケーションデザイン専攻
#粘菌
#大仙市
#卒業式
#秋田ノーザンブレッツ
#赤れんが郷土館
#美術教育センター
#ガラス
#秋田県
#複合芸術
#キュレーション
#入選作品
#ココラボラトリー
#能代市
#キャラクターデザイン
#サテライトセンター
#秋田市民俗芸能伝承館
#文化創造館
#道祖神
#パフォーマンス
#デッサン
#インスタレーション
#KATTE
#仙北市
#個展
#アトリエももさだ
#景観デザイン専攻
#課題展
#アラヤニノ
#彫刻
#JR秋田
#ヴェネチアビエンナーレ
#連携協定
#国際交流センター
#銀線細工
#絵画
#陶芸
#アラヤイチノ
#テキスタイル
#藤浩志
#美大附
#二人展
#千秋美術館
#文化庁事業
#大学祭
#助手
#あきた芸術劇場ミルハス
#にかほ市
#オープンキャンパス
#教員
#ものづくりデザイン専攻
#オルタナス
#卒業・修了展
#地域活性化
#美術学部
#ワークショップ
#近代美術館
#刺繍
#卒業生
#体験授業
#専攻展
キュレーター
#国際交流
#KAMIKOANIプロジェクト
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#他大学連携
#パッケージデザイン
#高大連携
#金属
#湯沢市
#学生展示
#卒業生シリーズ
#漆

2018.9.14

教員三人展「雄物川をめぐる芸術~美の水脈をもとめて~」(10/13~12/16)

 秋田公立美術大学教員の熊谷 晃(くまがい こう)准教授、皆川 嘉博(みながわ よしひろ)准教授、長沢 桂一(ながさわ けいいち)准教授が、横手市にある雄物川郷土資料館において三人展を開催します。
 雄物川郷土資料館が立地する沼館地域は、雄物川の水運の要衝の一つであり、旧石器時代の土器や県指定の玉類などが出土した、歴史的・文化的に重要な意味を背景に持つ場所です。今回の特別展では「雄物川をめぐる芸術」と題し、秋田公立美術大学が位置する新屋地域から雄物川を遡り、「美の水脈」を求めて沼館を目指します。そして、本学の教員である3名の作家たちが、秋田の自然を現代の視点で再解釈し、漆工芸、陶彫や野焼き、染織の技を駆使した作品を展示します。
 会期は12月までとなっておりますので、興味のある方はぜひ足をお運びください。

平成30年度第3回雄物川郷土資料館特別展
「雄物川をめぐる芸術~美の水脈をもとめて~」秋田公立美術大学教員三人展

会 期:平成30年10月13日(土)~12月16日(日)
    9:00~17:00(開催中は無休)
会 場:雄物川郷土資料館(横手市雄物川町沼館高畑366)
入館料:一般100円、高校・大学生50円、中学生以下無料(団体割引あり)

 講演①「雄物川をめぐる芸術〜美の水脈をもとめて〜1」
  日時 10月20日(土)14:00~15:30
  講師:熊谷 晃、皆川 嘉博、長沢 桂一

 講演②「雄物川をめぐる芸術〜美の水脈をもとめて〜2」
  日時 11月10日(土)14:00~15:30
  講師:熊谷 晃、皆川 嘉博、長沢 桂一

 講演③「雄物川をめぐる芸術〜美の水脈をもとめて〜3」
  日時 12月8日(土)14:00~15:30 
  講師:熊谷 晃、皆川 嘉博、長沢 桂一

問い合わせ先
雄物川郷土資料館 
TEL 0182-22-2793