#個展
#二人展
#学生展示
#課題展
#グループ展
#専攻展
キュレーター
#入賞作品
#受賞作品
#ノミネート作品
#入選作品
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#表彰
#退任記念作品展
#学生
#助手
#卒業生
#教員
#研究生
#彫刻
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#ガラス
#デッサン
#金属
#テキスタイル
#陶芸
#建築
#キュレーション
#キャラクターデザイン
#複合芸術
#漫画
#アニメーション
#写真
#鍛金
#刺繍
#パフォーマンス
#木像
#大学祭
#入学式
#卒業式
#卒業・修了展
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#オルタナス
#ガラス工房
#秋田市民俗芸能伝承館
#赤れんが郷土館
#ココラボラトリー
#秋田拠点センターアルヴェ
#旧松倉家住宅
#あきた芸術劇場ミルハス
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#地域活性化
#大仙市
#能代市
#秋田県
#秋田空港
#他大学連携
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#連携協定
#仙北市
#大館市
#高大連携
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#秋田市
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#AKIBI ARTs MARKET
#あわいをたどる旅
#北高跡地
#10周年記念
#道祖神
#卒業生シリーズ
#ワークショップ
#国際交流
#特別講義
#体験授業
#粘菌
#美大附
#オープンキャンパス
#オンラインイベント
#こどもアートLab
#ORAe
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#美術教育センター
#能代市
#助手
#CNA
#道祖神
#千秋美術館
#10周年記念
#赤れんが郷土館
#地域活性化
#AKIBI ARTs MARKET
#入学式
#キュレーション
#秋田県
#漆
#大仙市
#グッドデザイン賞
#ノミネート作品
#体験授業
#パフォーマンス
#学生
#オープンキャンパス
#アーツ&ルーツ専攻
#鍛金
#木像
#連携協定
#県立美術館
#ヴェネチアビエンナーレ
#テキスタイル
#金属
#個展
#にかほ市
#インスタレーション
#秋田空港
#JR秋田
#基礎教育センター
#学生展示
#ガラス
#にぎわい交流館AU
#アラヤニノ
#表彰
#粘菌
#卒業式
#アトリオン
#大学院
#紙
#北高跡地
#彫刻
#VOCA展
#入選作品
#キャラクターデザイン
キュレーター
#湯沢市
#景観デザイン専攻
#二人展
#銀線細工
#コミュニケーションデザイン専攻
#パッケージデザイン
#ビジュアルアーツ専攻
#高大連携
#大館市
#専攻展
#サテライトセンター
#秋田ノーザンブレッツ
#こどもアートLab
#教員
#アラヤイチノ
#入賞作品
#建築
#大学祭
#秋田市民俗芸能伝承館
#漫画
#卒業・修了展
#日本画
#近代美術館
#国際交流センター
#秋田市
#刺繍
#複合芸術
#受賞作品
#小牟禮尊人
#卒業生シリーズ
#陶芸
#ものづくりデザイン専攻
#KAMIKOANIプロジェクト
#他大学連携
#あわいをたどる旅
#映像作品
#美術学部
#美大附
#秋田拠点センターアルヴェ
#大森山アートプロジェクト
#絵画
#あきた芸術劇場ミルハス
#研究生
#ココラボラトリー
#退任記念作品展
#文化庁事業
#キャリアセンター
#旅する地域考
#アニメーション
#仙北市
#ガラス工房
#ワークショップ
#卒業生
#国際交流
#グループ展
#オルタナス
#特別講義
#ORAe
#旧松倉家住宅
#KATTE
#ビヨンポイント
#藤浩志
#写真
#アトリエももさだ
#アーツセンターあきた
#課題展
#オンラインイベント
#文化創造館
#デッサン

2018.4.6

草彅裕+宮本一行「Waterscape」開催のお知らせ

本学大学院助手であり、写真家の草彅裕さんと美術家の宮本一行さんは、様々な自然を題材とした映像表現の可能性を追求しています。展覧会「Waterscape」は、秋田にまつわる水をテーマに構成した二人展です。
草彅さんと宮本さんは、昨年度から秋田空港においても写真作品を展示しており、映像作品を加えた二人が織りなす新たな作品をぜひご覧ください。 草彅は、肉眼では視ることができない水の瞬間を写真に切り取る。また、本展では降り積もる雪の動きを捉えた映像作品も加え、自然に対する既視感を超えた表現を展開する。一方、宮本は、断続的に撮影し続けたいくつもの水の瞬間から1枚の図像を生成する。様々な時間や視点が写り込んだイメージは、見るという行為の曖昧さを鑑賞者へ示す。
映像というメディアから、両者独自の手法で可視化される多彩な光景、異なる時間軸が交差する展示構成によって、「水」という普遍的なテーマに新たな視点の提示を試みる。


<開催期間>
2018年5月2日(水)~5月6日(日)
11:00 – 19:00※最終日は17:00まで

<会場>
ココラボラトリー(入場無料)

<関連イベント>
オープニングイベント
日時:5月2日(水)18:30 – 19:30