#個展
#二人展
#学生展示
#課題展
#グループ展
#専攻展
キュレーター
#入賞作品
#受賞作品
#ノミネート作品
#入選作品
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#表彰
#退任記念作品展
#学生
#助手
#卒業生
#教員
#研究生
#木像
#彫刻
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#ガラス
#デッサン
#金属
#テキスタイル
#陶芸
#建築
#キュレーション
#キャラクターデザイン
#複合芸術
#漫画
#アニメーション
#写真
#鍛金
#刺繍
#パフォーマンス
#大学祭
#入学式
#卒業式
#卒業・修了展
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#オルタナス
#ガラス工房
#秋田市民俗芸能伝承館
#赤れんが郷土館
#ココラボラトリー
#秋田拠点センターアルヴェ
#旧松倉家住宅
#あきた芸術劇場ミルハス
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#秋田市
#地域活性化
#大仙市
#能代市
#秋田県
#秋田空港
#他大学連携
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#連携協定
#仙北市
#大館市
#高大連携
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#ORAe
#AKIBI ARTs MARKET
#あわいをたどる旅
#北高跡地
#10周年記念
#道祖神
#卒業生シリーズ
#ワークショップ
#国際交流
#特別講義
#体験授業
#粘菌
#美大附
#オープンキャンパス
#オンラインイベント
#こどもアートLab
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#助手
#KAMIKOANIプロジェクト
#銀線細工
#大仙市
#美術学部
#国際交流センター
#AKIBI ARTs MARKET
#絵画
#陶芸
#写真
#仙北市
#10周年記念
#紙
#あきた芸術劇場ミルハス
#こどもアートLab
#近代美術館
#表彰
#文化創造館
#粘菌
#大学祭
#オンラインイベント
#退任記念作品展
#国際交流
#大学院
#旅する地域考
#卒業生シリーズ
#大森山アートプロジェクト
#秋田ノーザンブレッツ
#秋田空港
キュレーター
#アニメーション
#湯沢市
#秋田拠点センターアルヴェ
#ビヨンポイント
#鍛金
#アラヤニノ
#連携協定
#木像
#アトリオン
#北高跡地
#美大附
#二人展
#ものづくりデザイン専攻
#刺繍
#ココラボラトリー
#建築
#千秋美術館
#サテライトセンター
#卒業生
#受賞作品
#にかほ市
#あわいをたどる旅
#秋田市
#小牟禮尊人
#インスタレーション
#旧松倉家住宅
#アラヤイチノ
#キャリアセンター
#入賞作品
#JR秋田
#専攻展
#ヴェネチアビエンナーレ
#文化庁事業
#個展
#パッケージデザイン
#学生
#入学式
#漫画
#にぎわい交流館AU
#ビジュアルアーツ専攻
#赤れんが郷土館
#卒業・修了展
#映像作品
#パフォーマンス
#グループ展
#アトリエももさだ
#能代市
#KATTE
#入選作品
#日本画
#VOCA展
#秋田県
#基礎教育センター
#美術教育センター
#キャラクターデザイン
#体験授業
#学生展示
#大館市
#藤浩志
#デッサン
#特別講義
#金属
#地域活性化
#彫刻
#県立美術館
#ノミネート作品
#ガラス工房
#コミュニケーションデザイン専攻
#アーツ&ルーツ専攻
#アーツセンターあきた
#景観デザイン専攻
#テキスタイル
#他大学連携
#ガラス
#ORAe
#ワークショップ
#秋田市民俗芸能伝承館
#オルタナス
#オープンキャンパス
#複合芸術
#教員
#キュレーション
#CNA
#グッドデザイン賞
#高大連携
#道祖神
#漆
#卒業式
#課題展
#研究生

2015.12.11

あきびネット北嶋正会長が秋田市長へ大学院設置に関する要望書を提出

あきびネットの北嶋正会長が、12月10日に秋田市役所を訪問し、本学の大学院設置に関する要望書を穂積志市長へ提出しました。
__________________________________________________________

秋田市長 穂積 志 様
要望書「秋田公立美術大学大学院の開設に向けて」

秋田公立美術大学大学院の設置は、高度な専門性を備えた人材の輩出と、教育・研究を通じた地域への貢献によって、地域の発展と秋田公立美術大学のさらなるブランドアップにつながるものと期待されます。

新たな大学院と私たちが相互に持つ「知」と「資源」を融合・昇華させることにより、共同研究や商品開発などでより高い次元での相乗作用を生み出し、そうした成果が多方面で具体化することを強く望んでおります。

つきましては、秋田公立美術大学の設置団体として、早期に大学院を設置し、多様な取組を通じて地域住民が研究の成果を実感できるよう、充実した教育環境の実現に向けて支援していただくようお願いいたします。

平成27年12月10日
秋田公立美術大学公認応援団 あきびネット 会長 北嶋 正