#個展
#二人展
#学生展示
#課題展
#グループ展
#専攻展
キュレーター
#入賞作品
#受賞作品
#ノミネート作品
#入選作品
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#表彰
#退任記念作品展
#学生
#助手
#卒業生
#教員
#研究生
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#ガラス
#デッサン
#金属
#テキスタイル
#陶芸
#建築
#キュレーション
#キャラクターデザイン
#複合芸術
#漫画
#アニメーション
#写真
#鍛金
#刺繍
#パフォーマンス
#木像
#彫刻
#大学祭
#入学式
#卒業式
#卒業・修了展
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#オルタナス
#ガラス工房
#秋田市民俗芸能伝承館
#赤れんが郷土館
#ココラボラトリー
#秋田拠点センターアルヴェ
#旧松倉家住宅
#あきた芸術劇場ミルハス
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#大仙市
#能代市
#秋田県
#秋田空港
#他大学連携
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#連携協定
#仙北市
#大館市
#高大連携
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#秋田市
#地域活性化
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#あわいをたどる旅
#北高跡地
#10周年記念
#道祖神
#卒業生シリーズ
#ワークショップ
#国際交流
#特別講義
#体験授業
#粘菌
#美大附
#オープンキャンパス
#オンラインイベント
#こどもアートLab
#ORAe
#AKIBI ARTs MARKET
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#KATTE
#二人展
#あきた芸術劇場ミルハス
#入学式
#入賞作品
#高大連携
#学生展示
#仙北市
#オルタナス
#小牟禮尊人
#美大附
#北高跡地
#パフォーマンス
#美術教育センター
#金属
#映像作品
#ものづくりデザイン専攻
#入選作品
#個展
#建築
#課題展
#秋田県
#専攻展
#藤浩志
#紙
#湯沢市
#複合芸術
#大学祭
#アーツ&ルーツ専攻
#文化庁事業
#アラヤイチノ
#グッドデザイン賞
#地域活性化
#絵画
#彫刻
#テキスタイル
#コミュニケーションデザイン専攻
#受賞作品
#秋田ノーザンブレッツ
#能代市
#キャリアセンター
#ビジュアルアーツ専攻
#粘菌
#景観デザイン専攻
#アーツセンターあきた
#大仙市
#旧松倉家住宅
#アトリエももさだ
#ノミネート作品
#文化創造館
#道祖神
#赤れんが郷土館
#あわいをたどる旅
#オープンキャンパス
#ビヨンポイント
#アニメーション
#木像
#オンラインイベント
#助手
#ココラボラトリー
#国際交流
#国際交流センター
#秋田市民俗芸能伝承館
#近代美術館
#CNA
#卒業・修了展
#学生
#パッケージデザイン
#大森山アートプロジェクト
#漆
#陶芸
#鍛金
#体験授業
#写真
#ガラス工房
#にぎわい交流館AU
#基礎教育センター
#教員
#千秋美術館
#旅する地域考
#JR秋田
#他大学連携
#ORAe
#日本画
#退任記念作品展
#キュレーション
#グループ展
#特別講義
#漫画
#アトリオン
#刺繍
#表彰
#デッサン
#秋田拠点センターアルヴェ
#卒業生
#こどもアートLab
#ガラス
#アラヤニノ
#キャラクターデザイン
#秋田空港
#AKIBI ARTs MARKET
#インスタレーション
#サテライトセンター
#連携協定
#美術学部
#10周年記念
#卒業生シリーズ
#ヴェネチアビエンナーレ
#銀線細工
#秋田市
#大学院
#県立美術館
#VOCA展
キュレーター
#ワークショップ
#大館市
#卒業式
#研究生
#にかほ市
#KAMIKOANIプロジェクト

INOUE Masaru

Teaching Staff (Liberal Arts Core)

井上豪
Title Professor
Research Fields Eastern art history
Education
2001
Doctoral course (Art History – completed without degree), Waseda University
1994-1996
Study abroad (Archeology), Peking University, China
1993
M.A. (Art History), Waseda University
1990
Bachelor’s (Letters, Arts and Sciences I [History]), Waseda University
Selected Professional Experience
2013-Present
Associate Professor (2013-2020); Professor (2020-Present), Akita University of Art
2004-2013
Lecturer (2004-2007); Associate Professor (2007-2013), Akita Municipal Junior College of Arts and Crafts
Selected Bibliography
2017
Kijiru sekkutsu voruto tenjo hekiga ni okeru tenku no hyogen [Expressions of the celestial in the ceiling paintings of the Kizil Caves]. Ajia Bukkyo bijutsu ronshu / Chuo Ajia I [Buddhist art of Asia: Central Asia (I)]. Chuokouronbijyutsu
2016
Kijiru sekkutsu hekiga no kishinsha-zo to chou Ajia no fukushoku ni tsuite [On donor figures in the Kizil Cave Murals and the fashion of Central Asia]. Bulletin of the Hirayama Ikuo Silk Road Museum, 2
2014
Gime Bijutsukan-zou / Kijiru sekkutsu hekiga dampen no gen’ichi to sono zuzo-teki igi [The original placement of the Kizil Cave Mural fragments in the Guimet Museum, and its iconic significance]. Akita University of Art Faculty Research Bulletin 2013, pp.1-10. Akita University of Art
2013
Kijiru sekkutsu Butsudenzu hekiga ‘Badorika no tsugii’ no zuzo-teki mondai [The Kizil Cave Murals and the iconic problem of ‘Badrika’s accession’]. Ohashi Katsuaki hakushi koki kinen bijutsushi ronshu [Essays on Art History in Honor of Katsuaki Ohashi’s 70th Birthday]. Chuokoronbijutsu
2010
Shosoin no kasen to Tenpyo no kyutei kukan [The carpets of the Shosoin and imperial court spaces in the Tempyo era]. Faculty Research Bulletin 14. Akita Municipal Junior College of Arts and Crafts
2007
Hiten ni tomonau ryuun no zuzo-teki haikei [Iconic background of flowing clouds accompanying ‘hiten’]. The Journal of Japanese Religious and Cultural History, 22
Courses Taught Art and Architecture of the Tohoku Region
Art Theory and Art History
History of Eastern Art
History of Japanese Sculpture
Iconography of the Silk Road 1, 2
Art Tour
Museum Collections
Curation Practicum
Environment and Ecology

Further details (in Japanese) can be found at the following link: INOUE Masaru (Japanese page)