#学生展示
#課題展
#グループ展
#専攻展
キュレーター
#個展
#二人展
#ノミネート作品
#入選作品
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#表彰
#退任記念作品展
#入賞作品
#受賞作品
#卒業生
#教員
#研究生
#学生
#助手
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#ガラス
#デッサン
#金属
#テキスタイル
#陶芸
#建築
#キュレーション
#キャラクターデザイン
#複合芸術
#漫画
#アニメーション
#写真
#鍛金
#刺繍
#パフォーマンス
#木像
#彫刻
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#卒業式
#卒業・修了展
#大学祭
#入学式
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#オルタナス
#ガラス工房
#秋田市民俗芸能伝承館
#赤れんが郷土館
#ココラボラトリー
#秋田拠点センターアルヴェ
#旧松倉家住宅
#あきた芸術劇場ミルハス
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#秋田県
#秋田空港
#他大学連携
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#連携協定
#仙北市
#大館市
#高大連携
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#秋田市
#地域活性化
#大仙市
#能代市
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#10周年記念
#道祖神
#卒業生シリーズ
#ワークショップ
#国際交流
#特別講義
#体験授業
#粘菌
#美大附
#オープンキャンパス
#オンラインイベント
#こどもアートLab
#ORAe
#AKIBI ARTs MARKET
#あわいをたどる旅
#北高跡地
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#刺繍
#二人展
#赤れんが郷土館
#漆
#個展
#大学祭
#学生展示
#助手
#藤浩志
#写真
#粘菌
#オープンキャンパス
#AKIBI ARTs MARKET
#卒業生
#大森山アートプロジェクト
#日本画
#漫画
#サテライトセンター
#地域活性化
#卒業式
#文化創造館
#景観デザイン専攻
#KATTE
#体験授業
#ノミネート作品
#アトリエももさだ
#大仙市
#テキスタイル
#受賞作品
#アニメーション
#ココラボラトリー
#コミュニケーションデザイン専攻
#ORAe
#オンラインイベント
#キャリアセンター
#陶芸
#建築
#秋田市民俗芸能伝承館
#VOCA展
#大館市
#秋田ノーザンブレッツ
#大学院
#あきた芸術劇場ミルハス
#卒業・修了展
#CNA
#専攻展
#旧松倉家住宅
#アーツセンターあきた
#北高跡地
#アトリオン
#卒業生シリーズ
#秋田拠点センターアルヴェ
#アーツ&ルーツ専攻
#パフォーマンス
#キャラクターデザイン
#仙北市
#連携協定
#高大連携
#近代美術館
#研究生
#複合芸術
#道祖神
#能代市
#ビヨンポイント
#紙
#秋田市
#美術学部
#ガラス
#美大附
#基礎教育センター
#にぎわい交流館AU
#入選作品
#秋田県
#湯沢市
#ビジュアルアーツ専攻
#アラヤイチノ
#映像作品
#10周年記念
#小牟禮尊人
#文化庁事業
#国際交流センター
#旅する地域考
#秋田空港
#ガラス工房
#課題展
#千秋美術館
キュレーター
#絵画
#オルタナス
#にかほ市
#こどもアートLab
#木像
#アラヤニノ
#JR秋田
#グッドデザイン賞
#ワークショップ
#デッサン
#国際交流
#インスタレーション
#入学式
#学生
#県立美術館
#表彰
#退任記念作品展
#教員
#キュレーション
#KAMIKOANIプロジェクト
#他大学連携
#銀線細工
#特別講義
#金属
#パッケージデザイン
#ものづくりデザイン専攻
#彫刻
#グループ展
#ヴェネチアビエンナーレ
#入賞作品
#あわいをたどる旅
#鍛金
#美術教育センター

Course of Creative Manufacturing Design


Department of Fine Arts, Faculty of Fine Arts

Course of Creative Manufacturing Design

Against the background of Akita’s cultural resources, pursuing monozukuri (creative manufacturing) that contributes to the creation of harmonious relationships among people

Grounded in the shared cultural background and values inherent in those articles that have been loved over the generations, students produce mono (objects) that have a new perspective and value, from Akita toward the world.

Overview of the Course

The Course of Creative Manufacturing Design considers monozukuri as the manifestation of the wisdom of culturally and historically accumulated materials and techniques. Students will learn to establish a concept for the ideal form of mono, and employ design techniques for production and distribution, thus allowing the art of monozukuri to contribute to the creation of harmonious relationships between person and person, and humans and nature.
More specifically, students produce durable articles for daily-life that are timeless in their function and design, and give both physical and emotional satisfaction to the user, by employing the following two principles: the perspective of product design; and materials and techniques such as wood, lacquer, metal, glass, and dyed goods, ceramics and furniture.
To fulfill these goals, students are encouraged to free themselves from uniform monozukuri based on the conventional ideas of modern industry, and to go on to uncover and reinterpret local culture from the base of the culture, climate, and nature of the Akita region upon which the Course of Creative Manufacturing Design is grounded. The Course aims for its students to be thoroughly conversant with practical techniques that respect cultural diversity and to establish these new standards in the world of monozukuri.

Teaching Staff of the Course of Creative Manufacturing Design

Examples of Works by the Teaching Staff

  • Ken-ichi Matsumoto「アームチェア( 苦楽風人Ⅰ )」

  • Ken-ichi Matsumoto「アームチェア( 苦楽風人Ⅱ )」

  • Ken-ichi Matsumoto「アームチェア( 苦楽風人Ⅳ )」

  • Takahito Komure「Tension」

  • Takahito Komure「雲上の皿」

  • Takahito Komure「時空を超えて」

  • Takahito Komure「蜃気楼」

  • Ryusuke Imanaka「Bara シリーズ」

  • Ryusuke Imanaka「tabales」

  • Ryusuke Imanaka「リラクゼーションルーム設計」

  • Yasuhiro Ando「パーロット・ピンブローチ」

  • Yasuhiro Ando「転生」

  • Atsushi Yamaoka「箱・1 + 2 + 3 」

  • Atsushi Yamaoka「木・動物」

  • Atsushi Yamaoka「Being Lady Stool 07」

  • Kou Kumagai「畏怖・畏敬3,11 陸前高田」
    ( 撮影者: 篠原誠司)

  • Kou Kumagai「変塗蒔絵螺鈿箱紫式部」

  • Kou Kumagai「変塗蒔絵螺鈿箱雪どけ」

  • Ikuko Ando「森へ」

  • Ikuko Ando「その森に帰る」

  • Kaori Mori「microcosmos」

  • Kaori Mori「roots #2」

  • Kaori Mori「廻り往くものまた廻り来る」