#個展
#二人展
#学生展示
#課題展
#グループ展
#専攻展
キュレーター
#入賞作品
#受賞作品
#ノミネート作品
#入選作品
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#表彰
#退任記念作品展
#学生
#助手
#卒業生
#教員
#研究生
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#ガラス
#デッサン
#金属
#テキスタイル
#陶芸
#建築
#キュレーション
#キャラクターデザイン
#複合芸術
#漫画
#アニメーション
#写真
#鍛金
#刺繍
#パフォーマンス
#木像
#彫刻
#大学祭
#入学式
#卒業式
#卒業・修了展
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#オルタナス
#ガラス工房
#秋田市民俗芸能伝承館
#赤れんが郷土館
#ココラボラトリー
#秋田拠点センターアルヴェ
#旧松倉家住宅
#あきた芸術劇場ミルハス
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#大仙市
#能代市
#秋田県
#秋田空港
#他大学連携
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#連携協定
#仙北市
#大館市
#高大連携
#大森山アートプロジェクト
#湯沢市
#秋田市
#地域活性化
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#あわいをたどる旅
#北高跡地
#10周年記念
#道祖神
#卒業生シリーズ
#ワークショップ
#国際交流
#特別講義
#体験授業
#粘菌
#美大附
#オープンキャンパス
#オンラインイベント
#こどもアートLab
#ORAe
#AKIBI ARTs MARKET
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#アラヤイチノ
#入選作品
#複合芸術
#受賞作品
#映像作品
#旅する地域考
#ビヨンポイント
#北高跡地
#専攻展
#あきた芸術劇場ミルハス
#にかほ市
#近代美術館
#学生
#卒業・修了展
#旧松倉家住宅
#建築
#鍛金
#大館市
#藤浩志
#アニメーション
#体験授業
#秋田拠点センターアルヴェ
#キュレーション
#能代市
#卒業生
#デッサン
#金属
#AKIBI ARTs MARKET
#漆
#日本画
#文化庁事業
#紙
#粘菌
#学生展示
#課題展
#絵画
#個展
#CNA
#教員
#湯沢市
#国際交流
#ヴェネチアビエンナーレ
#ココラボラトリー
#研究生
#小牟禮尊人
#地域活性化
#ワークショップ
#アトリエももさだ
#彫刻
#ビジュアルアーツ専攻
#景観デザイン専攻
#インスタレーション
#大森山アートプロジェクト
#ORAe
#国際交流センター
#仙北市
#秋田県
#二人展
#銀線細工
#グループ展
#秋田市
#パッケージデザイン
#漫画
#アーツ&ルーツ専攻
#秋田ノーザンブレッツ
#10周年記念
#こどもアートLab
#退任記念作品展
#秋田空港
#大学祭
#KATTE
#刺繍
#テキスタイル
#キャリアセンター
#卒業式
#アラヤニノ
#オンラインイベント
#赤れんが郷土館
#道祖神
#大学院
#コミュニケーションデザイン専攻
#パフォーマンス
#VOCA展
#大仙市
#キャラクターデザイン
#グッドデザイン賞
#表彰
#サテライトセンター
#KAMIKOANIプロジェクト
#特別講義
#木像
#ノミネート作品
#美術教育センター
#陶芸
#写真
#アトリオン
#ものづくりデザイン専攻
#あわいをたどる旅
#入賞作品
#ガラス
#基礎教育センター
キュレーター
#入学式
#他大学連携
#美大附
#助手
#ガラス工房
#千秋美術館
#卒業生シリーズ
#美術学部
#JR秋田
#連携協定
#高大連携
#オルタナス
#文化創造館
#秋田市民俗芸能伝承館
#県立美術館
#オープンキャンパス
#にぎわい交流館AU
#アーツセンターあきた

景観デザイン専攻

美術学部 美術学科景観デザイン専攻

社会変革を促す「景観」を創造する

自らの身体を「景観」の現場に置き、感覚・知識・経験を総動員してその場所の本質を⾒抜く作業に取り組みながら、社会の変⾰を促しうるアートとデザインの⼿法を学んでいきます。

景観デザイン専攻

専攻の概要

この専攻では、私たちが⽣きる社会の可能性と課題がその⼟地の歴史や⾃然環境とともに様々な次元で交差する現場を「景観(ランドスケープ)」として定義し、学⽣一人ひとりによって異なる多様な表現領域の制作活動に取り組みます。

授業では、ランドスケープや建築のデザイン、社会批評を担うパブリックアートやドキュメントのプロジェクト、まちづくりの計画⽴案とそのための公共型ワークショップなど、実践的な学習を通して実社会の⽂化芸術領域で⾼いリーダーシップを発揮できる⼈物を育成します。このように幅広い表現により「景観」を制作・提案する本専攻では、そのための基礎作業として「フィールドワーク」を重視しています。

専門科目の紹介

「景観デザイン演習1(基礎)」
景観デザインの基礎について演習を通して学び、習得する。フィールドワークの実践や、その成果物の言語化や抽象化、提案コンセプトを形体や空間へと転化するプロセスを習得し、造形と計画を行き来しながら提案をブラッシュアップし作品化する。
「景観デザイン演習2 (応用)」
フィールドワークとリサーチをペースに多様なプログラムを構築し、対象物やコンテクストについてより深く考察した上で、空間や場所をデザインし提案することを学ぶ。さらに、バブリックアートやドキュメントプロジェクトやまちづくりの計画立案とそのための公共型ワークショップなど、多様な表現領域のアウトプットも視野に入れた課題にも取り組む。
「景観デザイン演習3 (実践)」
学生一人一人がそれぞれの表現領域により実践的に取り組む。卒業研究に向けた表現メディアの研究も本授業の重要なテーマの一つとなる。課題で与えられた対象エリアやキーワードに対して、学生自ら作品のテーマを見つけ出し、各自が使用したい素材や表現形式を個別の担当教員と共に定めていき成果物を作品化することを目指す。
「卒業研究」
景観デザイン専攻で培った学びを基盤として、ランドスケープや建築のデザイン、社会批評を担うパブリックアートやドキュメントのプロジェクト、まちづくりの計画立案とそのための公共型ワークショップなど、学生一人一人が多様な表現領域の制作活動に取り組み、作品化する。

取得可能な資格

卒業後の進路

現代の芸術領域の多元性を理解した上で、多様な価値を交換・共有する視点と空間デザインのスキルを持ちながら活動するデザイナーやアーティストを育成します。また、美術に特化した専門職業以外のいわゆる一般職(公務員や一般企業の社員)においても、専攻で培った専門性をいかせるように支援します。

具体的には、建築家、ランドスケープアーキテクト、インテリアデザイナー、アーティスト、映像作家、映画監督、まちづくりに関わる公務員、学芸員、美術の教員などを輩出します。

主な進路実績

(一般企業等)

NPO法人アーツセンターあきた、株式会社KANAYA RESORTS、株式会社sizebook、株式会社サンプロ、株式会社ジェイウッド、シンコール株式会社、株式会社松橋設計、株式会社宗本晋作建築設計事務所

(公務員、教員)

秋田市役所、堺市教育委員会

(進学)

秋田公立美術大学大学院

※そのほか、作家活動等をしている卒業生もおります。

 

景観デザイン専攻教員紹介