#個展
#二人展
#学生展示
#課題展
#グループ展
#専攻展
キュレーター
#入賞作品
#受賞作品
#ノミネート作品
#入選作品
#グッドデザイン賞
#VOCA展
#表彰
#退任記念作品展
#学生
#助手
#卒業生
#教員
#研究生
#パフォーマンス
#木像
#彫刻
#銀線細工
#パッケージデザイン
#インスタレーション
#絵画
#日本画
#映像作品
#漆
#紙
#ガラス
#デッサン
#金属
#テキスタイル
#陶芸
#建築
#キュレーション
#キャラクターデザイン
#複合芸術
#漫画
#アニメーション
#写真
#鍛金
#刺繍
#大学祭
#入学式
#卒業式
#卒業・修了展
#アーツ&ルーツ専攻
#ビジュアルアーツ専攻
#ものづくりデザイン専攻
#コミュニケーションデザイン専攻
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#美術学部
#大学院
#アーツセンターあきた
#国際交流センター
#キャリアセンター
#基礎教育センター
#ビヨンポイント
#サテライトセンター
#アトリエももさだ
#KATTE
#アラヤイチノ
#アラヤニノ
#あきた芸術劇場ミルハス
#オルタナス
#ガラス工房
#秋田市民俗芸能伝承館
#赤れんが郷土館
#ココラボラトリー
#秋田拠点センターアルヴェ
#旧松倉家住宅
#文化創造館
#県立美術館
#にぎわい交流館AU
#アトリオン
#千秋美術館
#近代美術館
#湯沢市
#秋田市
#地域活性化
#大仙市
#能代市
#秋田県
#秋田空港
#他大学連携
#秋田ノーザンブレッツ
#にかほ市
#連携協定
#仙北市
#大館市
#高大連携
#大森山アートプロジェクト
#JR秋田
#CNA
#KAMIKOANIプロジェクト
#文化庁事業
#藤浩志
#小牟禮尊人
#こどもアートLab
#ORAe
#AKIBI ARTs MARKET
#あわいをたどる旅
#北高跡地
#10周年記念
#道祖神
#卒業生シリーズ
#ワークショップ
#国際交流
#特別講義
#体験授業
#粘菌
#美大附
#オープンキャンパス
#オンラインイベント
#ヴェネチアビエンナーレ
#旅する地域考
#教員
#テキスタイル
#ヴェネチアビエンナーレ
#写真
#道祖神
#景観デザイン専攻
#美術教育センター
#オンラインイベント
#文化庁事業
#入学式
#ガラス工房
#学生展示
#連携協定
#基礎教育センター
#アトリオン
#文化創造館
#アーツセンターあきた
#北高跡地
#木像
#パッケージデザイン
#JR秋田
#卒業生シリーズ
#にかほ市
#大仙市
キュレーター
#キャリアセンター
#表彰
#アラヤニノ
#パフォーマンス
#二人展
#刺繍
#金属
#彫刻
#個展
#映像作品
#地域活性化
#美術学部
#小牟禮尊人
#建築
#漫画
#オープンキャンパス
#粘菌
#秋田ノーザンブレッツ
#CNA
#秋田拠点センターアルヴェ
#旅する地域考
#鍛金
#サテライトセンター
#あわいをたどる旅
#国際交流
#漆
#コミュニケーションデザイン専攻
#近代美術館
#体験授業
#助手
#卒業・修了展
#10周年記念
#デッサン
#入選作品
#秋田市
#赤れんが郷土館
#大学祭
#オルタナス
#特別講義
#仙北市
#ORAe
#KATTE
#ワークショップ
#国際交流センター
#絵画
#卒業式
#銀線細工
#アラヤイチノ
#アーツ&ルーツ専攻
#日本画
#大森山アートプロジェクト
#藤浩志
#大学院
#秋田空港
#複合芸術
#こどもアートLab
#陶芸
#退任記念作品展
#ビヨンポイント
#ノミネート作品
#ビジュアルアーツ専攻
#高大連携
#千秋美術館
#県立美術館
#VOCA展
#秋田市民俗芸能伝承館
#旧松倉家住宅
#キャラクターデザイン
#美大附
#受賞作品
#大館市
#ものづくりデザイン専攻
#紙
#インスタレーション
#学生
#にぎわい交流館AU
#研究生
#湯沢市
#能代市
#専攻展
#アニメーション
#グループ展
#卒業生
#キュレーション
#KAMIKOANIプロジェクト
#あきた芸術劇場ミルハス
#入賞作品
#グッドデザイン賞
#アトリエももさだ
#ココラボラトリー
#課題展
#ガラス
#AKIBI ARTs MARKET
#他大学連携
#秋田県

学長メッセージ

霜鳥学長

ご挨拶

「挑戦する秋美」

秋田公立美術大学が短期大学から4年制大学になったのが平成25年です。まもなく10年という節目を迎えるところです。5年前には大学院修士課程が設置されその後博士課程もできて、大学としては一貫した教育研究体制となりました。

学部の学生は、北は北海道、南は九州まで全国各地から本学を目指して入学しており、大学院では中国からも留学生が来ています。いろいろな地域の文化や歴史を背景に集まった学生諸君が切磋琢磨して学んでいます。

本学の教育の特色は、従来の美術系大学と異なり、ジャンルにとらわれず幅広く美術を学び、それから自分の専攻を決定し、それを究めていくところにあります。また、秋田という地域の歴史や文化を学び、それと美術を融合し、その美術を通じて社会に貢献するとともに地域の発展に寄与することを目指しています。

本学で学ぶ現代美術は時には難解なものもありますが、美術の歴史を振り返れば、先史時代の洞窟の壁画から始まって、宗教画の時代、ルネサンスや印象派の台頭、様々な表現活動の現代美術へという大きな流れの中にあると思います。本学でその最先端に触れ、領域を横断した新しい表現活動を通じて皆さんの創造力の翼を拡げて行ってください。

昨年から新型コロナウイルスとの闘いが続いていますが、人類はこれに打ち勝つことを信じています。美術の世界でも、リアルな展覧会や活動が困難になった反面、オンラインやウェブ上の活動が出現してきています。人は創造する生き物だと実感しました。

皆さんが本学で美術を学んで世界に活躍する人材として成長することを期待しています。

秋田公立美術大学 学長
霜鳥 秋則