令和4年度の交流事業

令和4年度の主の交流事業

 

 

期間 参加者 事業内容
2022年7月
  • 秋田公立美術大学:学部1・2年生6名
  • 国際教養大学:留学生6名
  • 担当教職員:小牟禮尊人教授、瀬沼健太郎准教授、大木春菜助手
  • サポート:ものづくりデザイン専攻学生(ガラス)7名、学生通訳 1名
国際教養大学との学生交流事業「吹きガラス体験」(7/2)
本学の学生と国際教養大学の留学生が交流しながら、吹きガラスの基礎を学び、自分のガラス作品を企画して制作した。